オフィス アスチルベは障害年金を専門とする社会保険労務士事務所です。名古屋・愛知県地域を拠点としています。

Menu Open

ご相談は何度でも無料! 電話番号0568-62-7778メールでの無料相談・お申込み

着手金 頂いておりません

ブログ

障害年金

1月 21 2020

障害年金 「強迫性障害・うつ病」 2級認定(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

 2020.01.19(御在所 樹氷 全体) 2020.01.19(御在所 樹氷アップ)

三重県菰野町「御在所」山頂周辺の樹氷です。

 

今年は、「超」がつくほどの暖冬ですね。

それでも1200mも空に近くなれば、雪が降っていました。

そして、凍っていました。

 

一時、非日常を味わうことができました ♪

 

 

 

さて、本題です。

障害年金に認定される精神疾患として神経症は除外されています。

不安障害・適応障害・強迫性障害などが神経症にあたります。

 

今回の案件は、「強迫性障害」の症状が重くて、うつ症状が医師に伝わりにくくなっていました。

医師自身、「強迫性障害」がメインの症状と考えているようで、診断書の内容も「強迫性障害」のことが書かれていました。

 

それでも「うつ病」も併発していることだけは、診断書で示してくれたので、全く認定基準から外れることだけは免れました。

 

診断書だけで審査されては不支給になる恐れが高かったので、申立書で「うつ症状」を書き上げました。

 

やれるだけの手を尽くして、認定を目指した結果「障害基礎年金2級」が認められました。

 

依頼者様は、今まで障害年金は支給されない。と思っていた反動で、大変喜ばれました。

本当に良かったと、一安心しましたよ。

 

諦めなければ、認定される可能性は残っている。ということですね。

 

 

いつでも障害年金の相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・土岐市・羽島市・大垣市・海津市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 


1月 16 2020

障害年金 真面目に生きてきたのに・・・心身を患うなんて!?(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2020.01.08(菜の花 ミツバチ1)

ミツバチが、活発に働ける気温が一時続きましたね。

彼らミツバチは、本能に則って仕事をします。

人は、働く中で迷いながら仕事をします。

 

脳が発達した結果、悩みを持つようになってしまったヒトは、生きるだけでも大変です。

 

障害年金の申請代行をさせてもらっていて、多くの人が「真面目に生きてきたのに、心身を患ってしまった」という事実に直面していることを知ります。

 

「難病」は、多種あります。

しかし、どの難病も遺伝性だったり、突発だったり、ご自身は何も悪くないのです。

ご自身は、ただ真面目に、楽しく生きようとしていただけ・・・かもしれない。

 

「うつ病」は、真面目に仕事や人に向き合っていたら、うつ病になっていた。

ご自身は、ただ仕事や人に対し誠実に、真摯でありたかっただけ・・・かもしれない。

 

「発達障害」は、生まれながらに個性が強く、対人が苦手で、いつの間にか社会から孤立してしまう。

ご自身は、何とか社会に溶け込み、人と上手くやっていきたいだけ・・・かもしれない。

 

 

色々な想いがありますが、どんな想いも「心身を患うなんて」という一点に帰結するのではないでしょうか?

そんな思いを持ちつつも、生きていかなければならないから、生きていく手段を考察します。

 

必要になるのは「安定した収入」

何とかしたい気持ちで障害年金を申請する。

 

しかし、思い通りに事が進まない。法律の壁が立ちはだかる。

「どうしたらいい !?」

考えることすら億劫だ。考えても、考えても答えがでない。焦燥感にかられ、正気が保つのがやっとだ。

 

そんな状態では、妙案は浮かびません。

どうぞ、任せて下さい。相談して下さい。

そして、その間に、束の間の安心だとしても得てもらえるなら、得てください。

 

 

 

いつでも障害年金の相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・土岐市・羽島市・大垣市・海津市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 

 

 


1月 13 2020

障害年金 「先天性の肢体」の初診日(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2020.01.10(名古屋城 鳥の群れ)

最近の日中の暖かさは、ホッとさせてくれますね。

「人も動物」

安心ができれば、ゆったりと過ごせるのですけどねぇ。

 

 

生まれつき(先天性)の病気や手足の欠損や変形であれば、産まれてから現在まで、今の不自由に対応して生きていますから、自分が障害年金に該当するかもしれない?とは思わずに生活している人々がいます。

 

でも、今は情報社会。ご自身が「障害年金を受けられるかもしれない」と知る機会は多いです。

便利な世の中になった一方で、申請の手順や考え方を調べると、それぞれに色々なことを言っているので困るはずです。

あなたが頼りたい・聞きたいと思える人から回答を得て、あなたが一番信頼出来る人の回答が、あなたが信じる手順や考え方ではないかと思います。

 

 

 

 

先天性の障害年金の申請でも他の申請者と変わらず、「障害年金のスタート日」を決めなければなりません。

スタートとなる日は、「症状が発生・確認されて初めて病院に行った日」です。

 

 

肢体の先天性の場合、生まれつきの欠損や変形や脱臼だったりします。

だから、スタート日(初診日)は、産まれ落ちた産婦人科になることがあります。

1歳児検診などで検査を言い渡され、その後「先天性」と判明した場合は、検診後で受診した病院がスタート日(初診日)となります。

 

 

歴が古すぎてカルテなどがない場合は・・・

  • 20歳までに受診していた期間で通院・診療録証明がとれる病院で初診日の代用とするしかありません。
  • 20歳未満に受診していた記録が何も残っていないなら、母子手帳や身体障害者手帳などの記録などに頼るしかありせん。

 

証明は、一つの方法しかないわけではありせん。

落ち着いて申請を進めていくことが肝心です。

 

悩むなら相談して下さい。

解決して、穏やかな生活を少しでもして下さい。

 

 

 

 

いつでも障害年金の相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・土岐市・羽島市・大垣市・海津市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 

 

 


1月 09 2020

障害年金 「認定されるか?」不安だから申請に踏み切れない!?(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2020.01.07(透明な花)

白い花なんですが・・・雨が花に濡れて「透けて」ます。

 

この白い花が、雨に濡れると「透ける」と知っていた人は、少ないのではないでしょうか?

「濡れる」という実際のことが起きて、結果「透けて」見えることが解ったわけです。

 

こういうことは、「一事が万事」。

起きてもないことを あれやこれや 考えても解決しないことが多いです。

これだけは、いくらネットが発達して、調べても結果だけは、やってみなくては解らない。ことが未だに多いです。

ネットで解ることは、せいぜい噂程度ということが少ない。

 

噂程度だから不安になるわけです。

 

噂は確かめたら良い。誰か知っています。

でも、知っている人は、道筋は知っていても結果までは分りません。予想が精一杯です。

 

結局、「やってみる」しか結果はわからないわけです。

 

障害年金の申請も同じです。

噂は、たくさん出回っています。

でも、あなたの申請の結果は、どこにも書いてありません。

 

不安なら、申請して、結果を出す。

そして、その結果から、次にどうするか?を考えていくしかない。

 

「不安」は、期待があるから「不安」を感じるのです。

希望がなければ、失望はないですが、期待も生まれない。

期待がないなら、何も起こす力は生み出せない代わりに「不安」もない。

 

「不安」は、未来の期待の証だと思います。

 

申請について知っている人はいます。

噂レベルではなく知っている人がいます。

 

 

 

いつでも障害年金の相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・土岐市・羽島市・大垣市・海津市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 


1月 06 2020

障害年金 発達障害の証明は、半生の履歴書作成(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2020.01.04(我が家 夕焼け)

「初日の出!?」と思わせますが、違います。

1月4日の夕焼けです。

 

綺麗なものは、いつ見ても綺麗なものです。

「縁起がいい」とかは、気の持ち様ですから。

 

 

「発達障害」と診断されて、「やっぱり」と思う人も、「えっ!私が・・・」と愕然とする人も色々といると思います。

 

「発達障害」と診断されて、色々な思いが湧きおこると思いますが、診断されたからと言って、今の生活が急に変わるわけではありません。

  • 仕事が続かない人は、一因が判明した。
  • 人付き合いが上手くいない人は、一因が判明した。

 

一因が判明したからと言って、生活苦が解消される訳ではないのが、辛いところです。

 

ネットの普及で「発達障害なら、障害年金の支給が可能!?」と知れば、生活苦を少し解消する手立てが見えてきます。

しかし、申請しようとすると・・・「難しい!!」「何から手を付ければいいの?」と、これまた悩みます。

 

 

診断書を書き上げてもらって、「いざ!申請だ!!」と、気合入れたら・・・「自分の発育歴を作成して、提出!?」と難題を突き付けられます。

 

 

「自分の発育歴」と言っても、普通に育ってきたのだけど・・・、何を書けば良い?人と何か違っていたか?・・・いやいや、勉強も人並み、運動も人並みにできていたつもりだけど・・・「発達障害って、何を審査したいの?」と思えてくる人がいるのではないでしょうか?

 

 

発達障害の審査は、幼少期の頃から現在までに苦労してきたことを年代ごとにまとめ書き、幼少期の頃から現在までを総合的に審査の判断材料になっていると考えます。

だから、「発育歴は大事」。

 

まとめてみると分かりますが、発育歴は、請求人の半生の履歴書になります。

あなたの半生の履歴書が、審査対象になるのが、発達障害の審査。

 

自分の半生を客観的にまとめるのは難しいものです。

だって、自分のことは、自分では解りにくいものだから。

 

客観性が必要なのが審査対象の申請書類。

ならば、専門家に「あなたの発育歴(半生の履歴書)」作成を委ねてみませんか?

 

思っている以上に、「自分」というものを客観的に捉える機会になる・・・かもしれませんよ。

自分を知れば、自分に合う生き方を見つけるヒントになるかもしれないですよ。

 

 

 

 

いつでも障害年金の相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・土岐市・羽島市・大垣市・海津市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 

 

 

の申請

 

 

 

 


1月 04 2020

病気になってから知るのが「障害年金」(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2019.12.14(ニャン太郎 寝る全体)

癒される光景です。

猫にしろ、犬にしろ、なぜ癒されるのでしょうかねぇ?

 

元気が良いときは、あまりに目に入ってこない光景ってありませんか?

 

その光景は、あまりに日常でありふれている。

例えば、「公園などで子供を思いやる母」「犬と遊ぶ子供」「日向ぼっこしている猫」など・・・

人それぞれ、見れば優しくなれる光景があると思います。

 

しかし、忙しく元気が良い時は、案外と優しくなれる光景を目にすることがないと思います。

元気を失い、周りを見渡した時に目に入る光景だったりします。

 

優しくなれる光景を見て、フッを我に返り、心配になるのが現実問題の「お金」だったりします。

そして、調べ出し「障害年金保険」という国の年金制度を知る人が多いと思います。

 

調べて、申請しようとして困る事が起きる人が出てきます!

「障害年金」を支給されるために病院にかかった訳ではないですから、障害年金の申請段階で「初診日」「国民年金保険料納付要件」だとか言われても・・・となるわけです。

 

「申請するには・・・条件が満たしていない!?」

あまねく支給される年金制度ではないのが、障害年金ことを知る訳です。

 

申請ができなければ、審査さえされない。

だから、支給は絶対にあり得ないことになります。

 

そこで、一度立ち止まって下さい。

「本当に、自分は障害年金が申請できないのか?」

専門家の目線で、一度確認させて欲しいです。

 

障害年金は生活の一助ですから、諦める前に相談下さい。

 

 

 

いつでも障害年金の相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・土岐市・羽島市・大垣市・海津市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 

 

 

 

 

 


1月 02 2020

障害年金 「親がいなくなったら、自分はどうなる?」が現実問題(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2020.01.01(初詣 八坂神社 鳥居).msg  2020.01.01(初詣 昼ご飯).msg

正月に食べる「おせち」が好きではない人は、現代社会人には多いのではないでしょうか?

私は、元旦の初詣から「オムライス」を食べてますよ。

 

 

新年がきました。

新年は地球がなくならず、回り続ける限り、「普遍の真理」として巡ってきます。

 

正月だからと言って、日々が変わるわけではありません。

正月が明ければ、また日常です。

 

正月を浮かれて過ごせる人々は、まだ良い。

でも、常に現実に向き合っている人々がいます。

闘病生活者や障害者を持つ家族・本人は、正月というイベントに素直に向き合うことができない人がいるではないか?と思えます。

 

 

「お金は、常に現実です」

親のお金で生活している人々は、親が居なくなってからの生活を考えると怖くなるはずです。

 

  • 「行政に頼れば良い」と言っても、行政は制度範囲内でしか援助はしてくれませんから。
  • 「兄弟・姉妹がいる」と言っても、「兄弟・姉妹」にも生活がありますから、余程の余裕がなければ面倒はみてくれない場合があります。また、「兄妹・姉妹」と「本人」の関係が悪ければ、兄弟・姉妹は本人の面倒をみてくれることは期待できないでしょう。

それは、本人が一番解っていることでもありますから、実に恐ろしい現実を向き合っていることになります。

 

 

親が居なくなったあとのお金の心配は、「障害年金」で軽減できるのでは?と考える人々がいます。

間違いではありませんが、親の援助がなく家事などが可能になれば、障害年金2級以上は困難になります

 

現在、親が自分にしてくれている身の周りの世話をヘルパーなどに援助してもらっていれば、ある程度自活ができない。と分かってもらえる・・・かもしれません。

つまり、障害年金2級以上の認定基準範囲内になってくる・・・かもしれません。

 

「かもしれない」と書いているのは、審査官は、診断書を書く医師ではないからです。

あなたとは無関係の他人(審査官)が、診断書等を審査した結果で等級が決まるので、「かもしれない」なのです。

 

 

今年も現実は変わりません。

目を背けても、地球がある限り一年が巡ってくる真理は不変のように、あなたの現実も時期が訪れれば、不安が現実化していくのです。

 

だから、今できることを迅速に始める必要があるのです。

これしか、未来を変える手段はない。と思います。

 

 

 

 

 

いつでも障害年金の相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・土岐市・羽島市・大垣市・海津市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 


12月 31 2019

障害年金 一度ダメでも・・・もう一回!(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2019.12.12(我が家のサザンカ)

大晦日。

色々と思うところがある人も思うところがない人も、平等にやってくる一年の締め括りの日。

 

晴れやかに終われるばかりではない。

来年は、きっと良いことがある・・・はず。

 

そう。来年の事は未来だから、誰も分らない。

だから、良いことがある可能性はある。

 

でも、何も動かない人には、良い事が巡ってくる可能性は、動いている人に比べて低い。

 

幸運は、動いていないと拾えない。

 

これは、障害年金の認定も同じ。

一度の申請で、認定されなかった。

 

その一度目の申請は、誰がしましたか?

違う人に任せたら、糸口が見つかるかもしれない。

 

一度ダメなら、違う目線で申請を見直すことは、新たな可能性に向かって動きだしていること。

 

生きることは、動くこと。

立ち止まっていては、可能性は見えてこない。

 

 

 

 

いつでも障害年金の相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児・土岐市・羽島市・大垣市・海津市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 


12月 30 2019

障害年金 満足してもらえるには?(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2019.12.21(ニャン太郎3)

ウチを定食屋と間違えているのか?

飯時になると、訪問してくる野良猫クン。

人に馴れることなく、常に警戒心を抱きつつ生活しています。

きっと疲れるでしょう。

そんな彼が満足そうにしてます。

思いが叶えば、満足するのは、猫も人も同じなようです。

 

 

障害年金の申請代行をさせてもらっていて、思うのは「依頼者様が満足してくれているか?」です。

 

「認定」されれば、100%満足している。と思うのは浅はかである。と思っています。

 

私に依頼する段階で、「認定」を求めているのは、どんな依頼者様も同じです。

私は、常に「認定される確率を上げられる」ように考えて申請しています。

だから、「認定」されれば一安心します。

 

そう、「一安心」です。

 

次に思うことは、依頼者様が「どれだけ満足してくれたか?」です。

  • これくらいならば自分で申請しても同じ結果だったのではないか?

などと思われたなら、私に依頼する意味はなかったことになります。

 

納得いく申請をし、納得いく結果を出せなければ「本当の満足」には達しません。

 

申請は結果が大事ですが、依頼による結果は過程も大事だと思います。

自分の申請が、今、どこまで進んでいるのか?何が認定の妨げになり、どのように対処してくれるのか?など、依頼者様に知る権利があります。

依頼者様が知りたいことを知らせることが、「満足いく申請と結果」になると考えます。

 

迷ったら相談して下さい。

迷ったままの申請は、結果が出ても「この結果がベストだったのか?」と迷うかもしれません。

あなたのベストの申請をし、ベストな結果を導きだす手助けをします。

 

 

 

いつでも障害年金の相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市・海津市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 

 


12月 27 2019

障害年金 一番最初の申請が、とても大事な理由!(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2019.12.21(フクシア)

花は不思議ですねぇ。

「前からみる。上からみる。下からみる。横からみる。斜めからみる。」多方面から見れば、それぞれに美しさを変えるから。

この花は、フクシアという花。

提灯のようにぶら下がって咲いている花です。

この写真は、フクシアを下から覗いて撮った一枚。

折角咲いているのですから、他方から見て最高に印象に残る姿を見てあげたいですね。

 

 

 

さて、本題です。

障害年金は、何度も申請が可能です。

 

逆を言えば、「申請が何度も可能だから、申請の数だけ申請書類を提出し、審査機関に審査の参考資料を多く残している。」とも言えます。

 

一度、落ちた申請が、全く同じ内容の申請書類で申請したなら、また落ちてしまうことは想像に難くないでしょう。

では、時間を置き、再度申請を使用としたら、どうなるでしょう?

 

最初の申請で、不支給になった結果が「日常生活状態や症状が軽い」という理由ならば、時が経ち、「症状により日常生活状態が悪くなった」なら再申請は意味があるでしょう。

 

しかし、最初の申請で「初診日が問題で不支給になった」のなら、時を置いて申請しても「過去は変えられない」という理由で結果は変わらないでしょう。

つまり、「最初の申請の初診日では認定されることはない。」ということです。

 

 今、申請で最も大事なのは「過去は変えられない」という一点で「初診日」です。

 

「初診日」は、「受診状況等証明書」か「診断書」で示されます。

その申請書類は、いずれも病院のカルテなどの診療録が元になって書かれます。

 

過去に受診したときの記録が診療録。

その時に医師に何を話したか?なんて、ほとんどの人は記憶していないものです。

 

しかし、初診日に話したことが、初診日証明では記載され、思いもよらぬ悲劇を起こすことがあります。

例えば、

  • 「ガスを吸っていた」「シンナーを吸っていた」など発病の原因が、薬物等による場合のことが書かれており、認定基準から外れていた。
  • 初診日と思っていた病院だったけど、前の病院のことが書かれている。そして、前の病院が初診日では申請できないことが判明した。

 

診断書の症状ばかりに気をとられ、初診日の要件まで気を配らなかったばかりに、生涯、現行法では初診日が原因で申請しても不支給になる。という悲劇が起こり得ています。

 

一度申請をしてしまえば、最初の申請書類は審査機関の参考資料として残り続けます。

それだけに一番最初の申請は、とても大事になります。

 

初診日から診断書の内容、自身等で書く申立書など、一部の隙なく申請準備をして臨まないといけません。

 

 

 

 

いつでも障害年金の相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市・海津市など

出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 


次のページ »

このページの先頭へ戻る

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Menu Open