オフィス アスチルベは障害年金を専門とする社会保険労務士事務所です。名古屋・愛知県地域を拠点としています。

Menu Open

ご相談は何度でも無料! 電話番号0568-62-7778メールでの無料相談・お申込み

着手金 頂いておりません

ブログ

4月 04 2020

障害年金 爪痕を残す申請が大事(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2020.04.04(トカゲ 正面)   2020.04.04(トカゲ 斜め)

かなり気温が高くなってきたのでしょう。

変温動物のトカゲが出てきました。

よく観察すると、鋭い爪です。

 

 

障害年金の申請で、気を付けたいのは、「もしも」の爪痕が診断書に残せているか?

 

審査の結果、「不支給」とか「希望ではない等級だった」・・・だから、不服申立てをしたい!

と思ったとき、提出した「診断書」の内容から希望する結果を求める根拠を探し出す必要があります。

 

だから、最初に申請(裁定請求)する前に、提出する「診断書」の内容をよく把握しておく必要があります。

この診断書をこのまま提出して、「もしも・・・だったら、ここを使って不服申立てをしてみるか」くらいは、アテが付けられる診断書で申請をしたいものです。

 

障害年金は、生活の一助。

簡単に申請しては、後から取り返しのつかない事態になったときに困ることがあります。

 

 

 

いつでも障害年金の相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・海津市・大垣市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・土岐市・多治見市・中津川市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 

 


4月 03 2020

障害年金 申請する前にベストな言葉を選んで申立書を書く (障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2020.04.03(犬山 尾張冨士 桜並木)

今、桜・桜・桜ですよ ♪

遠くに行けなくても、近くで見られる春。

ありがたいですねぇ。

 

 

 

障害年金の申請は、「診断書」が兎角、大事。と思われています。

はい。とても大事です。間違っていません。

 

しかし、診断書だけで認定される訳じゃないのが、障害年金の申請です。

 

ご本人または代理人等が、請求人の日常生活・病歴などを作成する「申立書」も大事なんです。

 

診断書の内容を裏付けるためにも、「申立書」に書く言葉の選択は、極めて大事です。

主語がなかったり、助詞の使い方が悪かったりすると、大変に読みにくく、相手に伝わらない文面なってしまいます。

 

日本語で書いているし、「私の書いた文が、なぜ理解されないの?言葉が通じないのではないの!?」と思うかもしれません。

 

人は、そんなに器用ではありません。

だから、「誰が、誰に、何をした。」というように、はっきりと書かないと相手には伝わりにくいです。

 

主語がない。助詞の使い方が適切ではない。となると、読み手の想像力で補いつつ読まなくては、全体の話が解らない。ということはよくあります。

 

想像力で補われた文面は、本人が言いたかったことから大きくズレていることがあります。

「誤解」というやつです。

 

誤解は、大概「何を言っているのか?よくわからないけど・・・たぶん○○なのだろう」と、本当に伝えたかったことは、伝わらずに終わります。

 

誤解されたままの申立書では、診断書の内容の裏付けには頼りないです。

 

裏付けできる申立書は、言葉を選ぶ必要があります。

あなたの状態を的確に表す言葉を選択して作成された申立書は、あなた自身を表しています。

 

あなたの症状が悪いのなら、ありのままを投影させた申立書で審査され、診断書の内容の裏付けにされれば、認定は近づいてくる可能性は増すと思います。

 

 

 

いつでも障害年金の相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・海津市・大垣市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・土岐市・多治見市・中津川市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 

 

 


3月 30 2020

障害年金 審査請求をする前に(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2020.03.29(桜 絶景)

良い景色だったので、ついつい撮ってしまいました。

「美しい」と思える景色でした。

敷物をしいて、花見を楽しんでいる人はいませんでしたが、道を通る人は一様に桜を見上げ、ホッとしているようでした。

ホッとできる瞬間は必要です。

それは身近にある自然が与えてくれるものだったりする。と思います。

 

 

 

生活面でホッとするために、一人ではなく、二人で居ようと思ったり、仕事を始めたりする。

しかし、始めた事が思いがけず、ストレスになる。

 

二人で居ることで性格や考え方が異なり過ぎた。相手が攻撃的またはネガティブで疲れた。

仕事は、思っていたよりもハードだった。人間関係が上手く構築できなかった。

 

思いがけないことの連続が、我々の生活を脅かします。

 

障害年金で言えば、ようやく申請したのに、結果が「不支給」「等級が低い」。

これでは生活ができない!? 何が悪かった? どうなってる行政!?

そんな事態になる人がいます。

 

この結果に不服だ!不服申立てだ!と意気込んで請求しよう!と思う。

ここまでは良いです。

しかし、不服申立て(審査請求)の請求は「不服と思った結果に対し、提出した診断書のどこをみて、下された結果が不服だったのか?」を書面で証明しなくてはいけません。

結果だけを見て、不服を訴えるものではないのです。

 

そこを理解して、不服申立てを行う必要があります。

 

 

 

 

いつでも障害年金の相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・海津市・大垣市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・土岐市・多治見市・中津川市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)


3月 28 2020

障害年金 ハッピーエンドばかりじゃない。これも現実。(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2020.03.25(複雑な形の花 全体)   2020.03.25(複雑な形の花)

複雑な形をしている花。

小さな花なんです。たぶん、誰にも気づかれないで終わっていく花かもしれない。

でも、咲いてます。

評価されるために咲いているわけじゃなく、咲かなければならないから咲いているのでしょう。

 

 

障害年金の申請代行させてもらっていて、全ての案件がハッピーエンドという訳にはいかない現実があります。

 

  1. 初診日よりも前の年金保険料納付が、どうしても足りない。
  2. 初診日が、どうしても証明できない。
  3. 医師が、どうしても理解を示してくれない。

 

だいたいハッピーエンドにはいかないケースは、過去にまつわることです。

 

誰も、障害年金を申請するために生きているわけではありませんから、何かしら申請に足りないものがあります。

申請準備段階で、足りないものは補てんしていくのですが、過去を変えることができないことは、補てんできない場合があります。

 

とは言え、補てんが、何をしてもできないのか?ということは、尽力していますけどね。

 

障害年金は制度です。

専門的な知識が必要な場合が多いです。

慣れていない人から見れば、不可能でも、専門知識を持っている者からみれば手立てがあることは往々してあります。

 

あなたは、障害年金の申請において、今はハッピーエンドにならない。と思っているかもしれない。

でも、まだ可能性はあります。

 

ハッピーエンドにならないかもしれない。でも、もう一回、頑張る勇気が持てるなら、相談して下さい。

 

 

いつでも障害年金の相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・海津市・大垣市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・土岐市・多治見市・中津川市

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 


3月 27 2020

障害年金 「申請、無理って・・・辛い」さぁ、どうする?(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2020.03.25(ニャン太郎 あくび) 

思わず「あくび」がでてしまうような陽気になってきました。

のんびりと過ごしていきたい・・・けれども、人の生活は、のんびりと過ごすことがままならない。

生きていくのに、お金がかかるからねぇ。大変です。

 

 

病気や怪我になり、仕事ができなくなって、生活が困る。

だから、国の制度を活用しよう!と考える。

障害年金も制度の一つですから、活用してもらいたいです。

 

ただ、いざ申請しようと試みると、「年金保険料を支払っていないから、申請ができない」「初診日を証明できないから、申請できない」と言われてしまって、申請自体を諦めてしまう人が多い。

 

なんでもそうですが、一人の意見は、総意ではありません。

色々な人から意見を聞くべきです。

その意見は、ネットや本などからの大衆向けではなく、あなた自身に向けられた意見でなくてはいけません。

 

人は十人十色。人生色々です。

だから、多様な生き方があり、考え方があります。

 

あなたの病気も同じです。

病気になる経緯は、人それぞれ。だから、初診日となり得る病院の手がかりも人それぞれ。

納付要件未達で申請できない人も、申請可能な初診日を見つけ出すことができないことが原因。

 

「難しい」「できない」と思っていても、状況は好転しません。

まずは、やってみること。動いてみること。

 

頑張りましょう!生きるのは、楽ではないですから。

 

 

 

 

いつでも障害年金の相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・海津市・大垣市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・土岐市・多治見市・中津川市など。

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 

 

 

 

 

 


3月 24 2020

障害年金 自閉症スペクトラム障害(発達障害) 2級認定(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2020.03.19(桜)  2020.03.23(桜 公園)

一気に桜が開花しましたね。

待ち望んでいたかのように、人が溢れている公園と人が居ない公園。

両極端ですが、桜は綺麗です。

 

 

 

自閉症スペクトラム障害(発達障害)で障害基礎年金2級が認定されました。

 

一見すると、何でも出来てしまいそうに思われがちな依頼者様です。

この依頼者様に知的障害はありません。

 

このような方は、何に大きな支障をきたしているのか?を探るところから始めるしかありません。

請求人自身を代理人が知るところから始まります。

 

この方の場合は、他人が自分に関わることをとても嫌う傾向にある。ということが、社会生活に支障をきたしているようにお見受けしました。

また、金銭管理が全くできない。ということも大きな支障の一つでした。

 

他に初診日をどこにするのか?という問題も出てきて、申請までにかなり時間が掛かりましたが、書類を整備して申請しました。

 

 

申請前に、認定される条件が全て揃っている人は、ほとんどいません。

認定の確率を少しずつ高めていく準備により、結果、認定されている。というのが現実です。

 

 

「認定される可能性がないのか?探り、準備すること= 認定されている」といった具合ですか。

 

これからも認定される可能性を探り続け、依頼者様のご期待にそえるよう尽力しますよ。

 

 

 

いつでも障害年金の相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・海津市・大垣市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・土岐市・多治見市・中津川市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 


3月 20 2020

障害年金 10年諦めていた「うつ病」の方が、2級で認定されました(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2020.03.04(黄色のフワフワ)

フワフワしていて、掴みどころがないように見えます。

しかし、よ~く目を凝らして、見ると・・・どんな形状をしているのか?見えてきます。

 

今回の案件の方は、年金事務所や市役所や社労士などに「初診日のころに年金保険料の支払が足りないので、申請は無理」と言われ続けてきました。

 

一見すると、初診日は、年金保険料を納付していないときの病院でした。

しかし、人には、それぞれの歴史があり、うつ病になるまでの経緯も人それぞれですから、一概に、初診日を一見した病院で決めることができない場合があります。

 

依頼者様の人生を振り返ることで、初診日となり得る病院を探しだすことが、この依頼者様はできました。

その病院を起点に、申請をすることで「障害基礎年金2級」が得られました。

 

全ての案件が上手くいくわけではありませんが、探ることで新たな事実が出てきて、認定されることは少なくありません。

諦めず、最後まで手を尽くすことで現れる新たな事実。

新たな事実を探し出せれば、可能性が生まれる・・・ことがあります。

 

 

 

 

いつでも障害年金の相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・海津市・大垣市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・土岐市・多治見市・中津川市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 

 


3月 17 2020

障害年金 依頼者様が諦めていた案件が、1級認定されました(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2020.03.13(ニャン太郎 寝る)

暖かくなってきたこの頃、彼は、何を思っているのか?

本能と経験だけで、この世を渡り歩く彼らは、我々人よりも迷ったときの答えを出すのが上手いかもしれない。

 

 

 

半年かけて、一つの案件の結果が出る。なんて申請があります。

 

昨年の夏頃に依頼を受けました。

当初は、脳梗塞で2級が停止が続き、ご家族は諦めていました。

でも、認定されていたのに、症状は悪いのに、なぜ認定されないのか?とも不思議に思っていました。

そこで、なんとか2級に再度認定されないか?という相談でした。

 

実際に、本人に会いに行くと、本人の手足は回復していました。

どう見ても、2級相当はない。しかし、何かがおかしい!?

 

よくよく観察すると、認識力が落ちている。物を掴む時の動作が、物を探している。と、脳梗塞以外の問題だと気付きました。

 

「百聞は一見に如かず」

本人を見れば、聴くよりも、解ることはるかに多い。

 

病院で検査を受けてもらいました。

結果「高次脳機能障害」と「視力視野障害」があることがわかりました。

 

家族は、本人の状態に慣れてしまい、何が悪くて、本人が困っているのか?判断がつかなくなっていたのかもしれません。

 

障害がわかれば、あとは申請準備をして、申請をするまでです。

 

夏に申請した案件が、冬を越えて、春に結果がでました。

結果は、障害基礎年金1級で、約3年遡及。

 

依頼者様ご家族は喜ばれ、私は案件が認定され、一安心しました。

「諦めない」解らなければ、可能性を探ることが大事。という事例だと思います。

 

 

 

 

いつでも障害年金の相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・海津市・大垣市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・土岐市・多治見市・中津川市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 


3月 14 2020

障害年金 少しずつ認定の確率を上げていく。それが依頼する意味です(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2020.03.13(椿 赤)

雨に濡れた椿・・・風流ですねぇ。

椿が咲けば、春ですね。

 

 

障害年金の依頼を受けるとき、依頼者様から「認定されそうですか?」と聞かれることが多いです。

 

面談して、今の現状を聞き、今の認定の確率は?と問われれば、まだ何も始めていませんから、認定される確率は低いです。

この低い認定確率を仕事を進めていくなかで、高めていく。

 

仕事を進めていく中で、何か問題が出てくる。それを一つずつ丁寧に、慎重にクリアしていくことで、認定基準に合致していく。

そんな風に、申請までに提出書類を完成させていきます。

 

申請する頃には、最初の面談よりも認定確率は上がっていることが多いです。

 

障害年金申請を専門にやっています。

だから、申請に際して、色々なケースに遭遇して、色々な難解なことをクリアしてきた経験があります。

 

経験をフル活用して、あなたの期待に応えられるよう尽力する。

あなたが、社労士に依頼する意味は、そこにあると思います。

 

 

 

いつでも障害年金の相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・海津市・大垣市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・土岐市・多治見市・中津川市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 

 

 


3月 12 2020

障害年金 病気が複数ある場合は、因果関係が大事(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2020.03.04(オレンジ色の花)

春になってきました。

花の色も明るいものが増えてきた気がします。

明るい気持ちになる一方で、新たな年度を迎えることで、これからのことが気になる時期でもあります。

 

気持ちの変化は、体調の変化にも繋がることが多いと思います。

 

病気が複数ある場合などは、一つの病気に引っ張られるように、もう一つの 例えば精神疾患が悪化することがあるようです。

 

障害年金の申請を考える上で、一つの病気が、もう一つの病気に関係しているのか?が大事になります。

なぜ、大事なのか?それは、障害年金の申請のスタート日(初診日)をどこにするのか?を考えないといけないからです。

 

一つの病気ともう一つ病気に因果関係が認められる場合は、最初にかかった病院が、障害年金のスタート日(初診日)として申請していきます。

 

初診日より前に納めた年金保険料に滞納期間が一切ない場合は、どこが初診日になっても、カルテさえ残っていれば気になりません。

しかし、年金保険料に滞納期間がある人は、因果関係があると思られる病気の初診日で、障害年金の申請ができるほど年金保険料を納付しているか?確認が一番最初の手順になります。

 

病気が複数ある方の申請は、困難を極めることがある。ということは分かって欲しいです。

とはいっても、障害年金を専門としている者に相談頂ければ、紐解いていきますから、心配はいりません。

 

障害年金の専門家は、一人ではありません。一人の専門家が頼りなくても、探し続ければ、誰か、あなたのことを理解してくれる専門家に出会えると思います。

請求人は、諦めないことが大事です。

 

 

 

いつでも障害年金の相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域

岐阜市・海津市・大垣市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・土岐市・多治見市・中津川市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)


次のページ »

このページの先頭へ戻る

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Menu Open