オフィス アスチルベは障害年金を専門とする社会保険労務士事務所です。名古屋市だけでなく岐阜県岐阜市も無料出張いたします。

Menu Open

ご相談は何度でも無料! 電話番号0568-62-7778メールでの無料相談・お申込み

面談・出張交通費 無料/着手金なし

ブログ

4月 6th, 2021

4月 06 2021

自分がどうなりたいか?よりも、どうしたいか?

障害年金の申請を支援をしていると、色々なご事情な方にお会いします。

 

結婚してから病気になる人。就職してから病気になる人。仕事を継続中に病気になる人。親との葛藤で病気になる人。生まれつき病気の人。・・・様々です。

 

病気になった後、どう生きていくか?を考えるわけですが、どうなりたいか?を考えるよりも、どうしたいか?を考えていく方が良いかもしれない。と個人的に思います。

 

病気になったからと言って、人生の可能性を捨てる必要はないです。

生きている間、可能性は見出した方が生き様のモチベーションを上げることができるので、生きている実感が持てると思うからです。

 

とは言え、「どうなりたいか?」を追求すると、自分を縛ることになる・・・ことがある。と思うのです。

目指した自分になれない。近づけない。というのは、誰しも辛いものです。

 

「どうしたいのか?」は、自分がその時、その時考えたらいい。

今日は、何を食べたいのかな?とか、今日は、散歩しようかな?とか・・・身近なところから、一年先は何が出来ていたらいいな。のような軽い目標を持つ。

 

「どうなりたいか?」は、ストイックに自分を追い込む感じ。

「どうしたいか?」は、自分の気持ちに従う感じ。

 

人に迷惑をかけないように生きてさえいれば良い。と思えます。

身のまわりの世話で身近な人に迷惑をかけて悪いな。と思うなら、デイケアサービスなどの行政主導のサービスを使い、民間事業所などに頼る・・・なんて方法がとれると、自分の気持ちも楽になるかもしれない。

 

「十年一昔」、10年も経てば、継続している人間関係は継続しているし、どうにもならない人間関係なら終焉を迎えている。一事が万事で、10年も経てば、何かの結果がでますよ。

ただ、後悔をしないように。

人生は有限ですから、時だけは取り戻せませんから。

自戒を込めて言います。 

 

私は、前の10年・・・後悔はあります。

でも、生きていかないといけないので、後悔を受け入れられるように、次の10年を目指し生きてますよ。

 

 


このページの先頭へ戻る

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Menu Open

面談・出張交通費 無料/着手金なし