オフィス アスチルベは障害年金を専門とする社会保険労務士事務所です。名古屋市だけでなく岐阜県岐阜市も無料出張いたします。

Menu Open

ご相談は何度でも無料! 電話番号0568-62-7778メールでの無料相談・お申込み

面談・出張交通費 無料/着手金なし

ブログ

2021年3月

3月 31 2021

軽度知的障害 二十歳誕生日と同時に申請し、障害基礎年金2級 認定

知的障害の案件は、必ず「障害基礎年金」の申請になります。

 

厚生年金加入期間中に、初診日があり、その後に知的障害が判明しても、知的障害は先天性なので初診日の加入年金制度に関わらず「二十歳前障害」の申請になります。

 

この方は、幼少期から病院に行き、知的障害が判明していました。

そして、二十歳になると同時に障害基礎年金の申請をしました。

最短の申請をし、最短の審査を経て、最短で結果がでました。

 

二十歳になったと同時に申請をすることが、当然、最短の申請で、最短の結果を得る手段となります。

そのために、数か月前から準備に入りました。

 

発育歴や病院歴や日常生活の状態を丁寧に聴取し、作成していきました。

 

発育歴は、お母さまが作成すると思い出が多すぎて、何を書いたらいいのかわからない。何が審査で必要な情報なのかわからない。という不安の元、作成していくことになります。

とても時間がかかる上に、不必要な情報を書き連ねていることがあります。

 

丁寧に作成していくことは大事です。

でも、それは必要な情報を精査しながら、端的に審査官が読みやすいように作成していくことが肝心です。

 

日常生活の状態も同じです。

必要なことを必要なだけ審査官の目線を意識して作成し行くことが大事です。

 

診断書記載の時は、医師が本人をどのように診ているか?を知ることが大事です。

足りない情報があれば、伝え直しをしておく必要があります。

医師は、他人です。家族ではありませんから、知らないことがたくさんあります。

 

このように多くのことを経て、申請した結果、障害基礎年金2級が認定されました。

 

本人のお母さまは、手際よく申請してもらい安心できました。と仰ってくださいました。

そして、認定されてよかった。一息ついていました。

 

期待にそえて本当に良かったです。


3月 30 2021

うつ病 障害基礎年金2級 認定

2021.03.25(生口島 光明坊 桜) 2021.03.25(因島 桜アップ)

今の時期は、桜でしょう。

今年も綺麗に咲いてくれました。

 

 

「うつ病」を患ってしまった方の依頼を受け、無事に障害基礎年金2級が認定されました。

 

この方の難所は、初診日の証明をしようにも、カルテが残っておらず「初診日証明が不安定」ということでした。

最近では、多い難所です。

 

今回は、診察券なし。前医からの紹介状なし。処方箋の情報なし。という「なし」が多かったです。

こんな時は、病院歴を丁寧にたどっていくしかありません。

そして、初診の病院に関することがないか?を丁寧に探していくしかないのです。

 

丁寧に探した結果「かろうじて初診日を証明できるかもしれない」という一文を見つけました。

その書類を初診日証明として申請をしました。

 

本人の状態から考えれば、診断書の内容はあまり心配を必要としなかったので、初診日が認めれるか?がポイントとなる申請です。

初診日が認められるか?は、病院歴を丁寧に作成していくことが肝心です。手を抜いてはいけません。

 

病院歴を丁寧に作成することで、初診日の証明としたい一文を初診日証明をすることができて良かった。と思います。

 

依頼者様は、ご自身が認定されるとは思っていなかったようで、認定されたときには驚きと喜びが電話越しの声の大きさから伝わってきました。

本当に良かったです。

 

 

 

 

 


3月 29 2021

障害年金 土曜日・日曜日の面談してますよ

「面談って、いつするの?」と考えてしまうかもしれません。

 

面談をする。ということは、結構ハードルが高いことがあります。

例として・・・

  • 自分が請求をするけれども、自分は会社勤めをしている。自分は会社を休むことが難しい。という方がいます。
  • 自分が請求をするけれども、自分で自分のことを話すことが苦手。だから、家族に自分のことを話して欲しい。でも、家族は土日しか時間がない。という方がいます。
  • 自分一人では、話を聴いても記憶ができるか不安だ。だから、家族が同伴で話を聴きたい。でも、家族は土日しか時間がない。という方がいます。

 

色々な事情の方がいて、その方々に合わせて面談をしています。

 

今日は、日曜日。今日も面談してました。

土日休みの方には、休みが減るので申し訳ないですが、申請をスムースに行うため、2時間程度の時間の融通はお願いして面談しております。

 

 

 


3月 27 2021

大人になって解る「発達障害」の障害年金の申請のはじまり

2021.03.26(尾道市 グリーンヒルホテル 朝日) 2021.03.25(尾道市 グリーンヒルホテル 夜景)

 

朝見る景色と夜見る景色は違いますねぇ。

どちらも同じ場所なんですけどね。

 

人から告げられた一言が、今まで思っていた「自分」とは異なった景色を見せることになり、その後の生活を変える。ことがあります。

 

 

「話が通じないことが残念」「最低」「しね」など・・・人を苦しめるには十分な言葉が世の中には存在します。

 

 

なぜ、そんな言葉を自分が言われるのか?解らない。でも、人から言われるので、きっとそういう性質を自分が持っているのだろう。と漠然と思って生活している。

人から言われる言葉や取られる態度から人を避けるようになる。「一人が楽」と感じるようになる。人と居ことが無意味に感じるようになる。・・・そんなことが起こる人がいるかもしれない。

 

人と共存していくことが生きにくいな。社会生活が送りにくいな。と感じて、ある時、思い当たる節がある病気を見つける。そして、病院で診断を受ける。

そんな事情で「発達障害」という病気を向きあうことになった。

 

今までうつ病などの精神疾患の診断を受けたことがないのに、はじめて知る精神疾患が「大人の発達障害」だったりする人がいます。

 

 

 

発達障害の申請は、「発達障害」の診断を受けるまでに通院していた精神疾患の一番最初の病院が、障害年金の申請を進めるスタートの「病院(初診日)」となることが多いです。

 

注意すべき点は、必ずしも「発達障害」の診断を受けた病院が、初診日になるわけではない。ということです

 

理由は、「発達障害」の診断を下すには、検査が必要になります。

「発達障害」の検査をしていない病院では、発達障害の治療をしていないので、「発達障害」の診断がつかずに通院を続けていた。ということがあります。

まら、症状が改善しない。治療が進まない。などの理由で、自分が「発達障害」と解らずに転院を続けていることがあります。

 

大人の「発達障害」の申請で大事なの最初のポイントは、初診日を特定し、申請が可能な状態か?確認することです。

 

はじまりを明らかにして、一歩を踏み出すことが肝心です。

 

 

 

 

 


3月 22 2021

「シンナーやガス吸引・薬物依存・アルコール依存」が関わる精神疾患の障害年金は支給対象か!?

「シンナーやガス吸引・薬物依存・アルコール依存」で、精神状態が悪くなり、日常生活で援助が必要になった場合、障害年金は支給されるのか?

 

これは、自分で「シンナーやガス吸引・薬物依存・アルコール依存」になり、精神状態が悪くなったか?が、分かれ目です。

 

自分で「シンナーやガス吸引・薬物摂取・アルコール摂取」」し、その後精神疾患になった場合は、どれほど日常生活に援助が必要になっていても支給対象から外れます。

 

自分で「シンナーやガス吸引・薬物摂取・アルコール摂取」し、その後精神疾患になり、今は「シンナーやガス吸引・薬物摂取・アルコール摂取」をしていない場合も支給対象から外れます。

 

この2つの共通点は、「自分で=故意に」ということです。

この場合は、支給対象から外れてしまいます。

 

次に、

人に「シンナーやガス吸引・薬物摂取・アルコール摂取」されたのち、精神疾患になり、今も「シンナーやガス吸引・薬物摂取・アルコール摂取」を続けいている場合は、支給対象から外れます。

理由は「現在も摂取を継続しており、精神疾患だけの日常生活状態の支障具合が審査できないから」となっています。

 

人に「シンナーやガス吸引・薬物摂取・アルコール摂取」されたのち、精神疾患になり、今は「シンナーやガス吸引・薬物摂取・アルコール摂取」していない期間が1年程度以上続いているなら、支給される可能性は出てきます。

理由は、「自分で摂取したわけではない。そして、今は摂取しておらず、摂取していない期間がある程度経っているので、精神疾患のみで日常生活状態の支障具合を審査できるかもしれない」ということです。

この場合の必須条件として、「精神疾患のみで考えた状態の日常生活状態を診断書に書けるなら」ということです。

つまり、医師が「摂取していたのだから、後遺症はある。今の日常生活状態を精神疾患だけで判断することはできない。」という理由で診断書を精神疾患だけで書いてもらえないときは、支給対象から外れてしまうわけです。

 

「シンナーやガス吸引・薬物依存・アルコール依存」が関わると障害年金の支給は、かなり狭き門になります。

 


3月 21 2021

「肢体・心臓・呼吸器・肝臓・腎臓・感染症」は、病名で障害年金支給がきまるわけではない

2021.03.14(白い花)

 

道端に花が咲き始めて、春を感じることが多くなってきました。

新しい季節と年度変わりを迎えつつあるときは、何かと物入りになります。

明るい気持ちとは裏腹の時期でもあり、色々と金銭的な悩みが出てくるころでもあります。

 

 

障害年金の支給を考えるとき、自分の病名では支給される可能性はあるのだろうか?と思うもの。

 

精神疾患と生活習慣病以外の病気であれば、病名で支給が妨げられることはありません。

 

では、何で判断されるのか?

それは、症状や検査結果です。

 

例えば・・・

肢体であれば、どの程度筋力があるのか?関節可動域はあるのか?日常生活の支障具合は、どの程度なのか?

心臓であれば、検査結果が重きになります。そして、倦怠感や動悸・息切れ・チアノーゼなどの症状から、日常生活にどの程度支障が出ているのか?

呼吸器であれば、ピークフロー値などの検査結果が大事です。そして、動悸・息切れなどの症状から、日常生活にどの程度支障が出ているのか?

 

いずれの病気も共通しているのは、「日常生活にどの程度支障が出ているか?」です。

 

ですから、病名で決まるわけでありません。

 

申請を考える前の参考になれば幸いです。

 

 

 

 


3月 19 2021

診断書を受け取るとき、期待感と緊張感が増します

障害年金に認定されるためには、診断書は外せない要素です。

 

それだけに、診断書を受け取るときは、毎回期待感と緊張感が増します。

これだけは慣れません。

 

診断書に記載されている日付等は申請に際して不備はないか?この内容は、依頼者様の本来の症状が表れているのか?などなど、その案件ごとに気になることがあります。

 

一か所でも気にかかることがあれば、医師に確認してから申請をしています。

気にかかることがあるのに、「まぁ、いけるかも・・・」と曖昧なままにして申請して、結果が期待にそえないことになったら後悔と申し訳ない気持ちしか残りません。

 

障害年金は、申請する方々の生活を助けるお金です。

いい加減な申請はできません。

 

依頼者様から託される「お願いします」の言葉と気持ちは軽くないですから。

 

 


3月 18 2021

障害年金の申立書・・・手順だけ知っていても書けない!?

2021.03.06(青い花 雑草)

この青い花、みんさん見たことがあるはずです。

でも、どこで見たかなぁ?と思う人も多いかと・・・。

この花、とても小さい花で、あぜ道や街路樹下にひっそりと咲いてます。

よく見ると、こんな花。

 

 

年金事務所や市区町村の役所で一通りの障害年金の申請の手順を聞くと思います。

 

「大変だなぁ。」と思う人もいれば、「簡単そうだ。なんとかなる!」と思う人もいるはずです。

 

手順通りに進めて、順調良くいくのは、病院に診断書等の書類をお願いするまでかな。と思います。

ご自身や家族で書く「申立書」を書こうとしたときに・・・「あれ?何を書くんだっけ?」「これでいいのか?この言葉は余分か?」など色々と悩んでしまうと思います。

 

年金事務所や役所で聞いても、明快な回答は返ってこないことが多いでしょう。

なぜなら、年金事務所や役所は、手続きを行う場であって、申請代行をする場所ではないからです。

 

今は、かなり親切になってきたとはいえ、肝心なところは立場上言えないことが多いのが、役所関連です。

 

障害年金を専門としている社労士であれば、教えられることも、「役所では教えにくく言えない」ことがある。

 

社労士に依頼するメリットはあります。

慣れているからこそ気を付けるポイントを沢山知っています。

手順以外のことも障害年金の申請では必要になることが多々あります。

 


3月 15 2021

障害年金 初支給日について

2021.03.14(黄色い花1)   2021.03.14(黄色い花2)

 

春ですねぇ。気持ちが明るくなりますよ。

このまま暖かくなって欲しいですよ。

 

 

さて、今日は15日です。

 

通常、年金は偶数月の15日に支給されます。

障害年金も例外ではありません。

 

しかし、障害年金の申請して、審査後の初支給日だけは異なります。

初支給日だけ、審査後になるべく早く支給開始できるように・・・ということがあり、奇数月の15日にも支給されることがあります。

 

今月を例に出せば、3月15日に支給される障害年金は、申請後の翌月(認定日請求の場合は、認定日月の翌月)から令和3年1月までの支給分です。

つまり、最初の支給は、遡り分の額です。

 

そして、3月15日の次の支給日は、4月15日・・・6月15日・・・8月15日・・・10月15日・・・と偶数月ごとになります。

ちなみに、15日が土日の場合は、13日か14日の金曜日に支給されます。

 

支給に関しては遅れることはないので安心してください。

 

 


3月 13 2021

心臓疾患 更新申請

名古屋市在住の方の心臓疾患の更新申請を支援することになりました。

 

この方は、平成25年に当事務所で裁定請求(最初の申請)をし、その後、数年おきに更新申請の支援をさせて頂いています。

 

心臓疾患の障害年金の認定は、検査の結果が重きになります。

ですから、ご自身がどれだけ体調不良である。と訴えても、検査数値などに体調不良が表れていないといけません。

 

心臓疾患の場合、度重なる手術が行われ、更新申請のたびに体調不良の具合が異なることがあります。

ですから、前回の結果とは異なる検査結果が出ることがあります。

 

また、治療を続ける中で、医師が本人の症状は改善傾向にある。と判断されているが、ご本人は治療の中で症状は改善されていない。と感じている場合があります。

医学的な見地と本人の自覚症状の乖離が起こっていると、診断書の内容は軽く書かれてしまうことがあります。

その場合は、医師にどのように伝え直しをしたらいいのか?を説明させて頂き、診断書記載依頼に臨んでもらいます。

 

このたび、この方から更新申請の診断書が出来上がった。ということで、診断書の確認を致しました。

検査結果は、前回の更新申請の時と異なっていましたが、2級相当が認められる程度の結果になっていました。

医師に症状の伝え直しをしてもらってから診断書の記載依頼をしてもらっていたので、自覚症状は伝わっている診断書の内容になっていました。

 

更新申請前に診断書の内容を確認することは必須です。

診断書の内容から更新申請の結果を予想し、依頼者様に説明させて頂き了承して頂けたので、いよいよ年金機構に更新申請を致します。

 

このように段階を踏んで、申請を迎えることは、依頼者様の審査中の生活の精神安定に繋がります。

今回も依頼者様の納得の上の更新申請ができます。

 

 


次のページ »

このページの先頭へ戻る

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Menu Open

面談・出張交通費 無料/着手金なし