オフィス アスチルベは障害年金を専門とする社会保険労務士事務所です。名古屋・愛知県地域を拠点としています。

Menu Open

ご相談は何度でも無料! 電話番号0568-62-7778メールでの無料相談・お申込み

着手金 頂いておりません

ブログ

5月 28th, 2019

5月 28 2019

障害年金 変えられない事実がある(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2019.05.25(多治見市 緑もみじ)

夏になってきましたねぇ。

冬と夏の血圧差は、「±10」とのことです。

驚きますね。

体調の変化がでても不思議ではないと思えます。

「元気」とはいかないまでも、「平静」でいられる生活をしたいですね。

 

 

 

 

さて、本題です。

障害年金の申請代行をさせて頂いているなかで、「変えられない事実」に直面します。

 

それは・・・

  • 初診日
  • 国民年金保険料の納付

 

どちらも障害年金の申請が可能か?不可能か?という、「認定されるか?」の前段階の話です。

この2点は、現在からみて過去の出来事です。

 

 

「初診日より前に、どれだけ国民年金保険料を納付しているか?」

 

 

この事実を確認してから、障害年金の申請準備に入ります。

 

 

障害年金の申請が叶わない事実が、一つでも見つかれば、障害年金の申請が可能な事実を見つけ直さないといけません。

 

 

この事実が見つかるか?見つからないか?は、請求人の「運」次第と言わざるを得ないことが起きます。

理由は、「障害年金の申請ができる新たな記憶・書類・物が見つかるか?」だからです。

 

この場合、私は少しでも記憶の喚起が促進されるように聴取し、ヒントを授けることしかできません。

 

しかし、障害年金の申請に慣れていない人からすれば、「何をもって、障害年金の申請が可能になるのか!?」気付けないことが多いですから、この「ヒント」により障害年金の申請が可能になることがあります。

 

「事実は変えられません」

しかし、 「新たな事実を見つけ出す」ことは可能・・・なことがあります。

 

 

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Menu Open