オフィス アスチルベは障害年金を専門とする社会保険労務士事務所です。名古屋市だけでなく岐阜県岐阜市も無料出張いたします。

Menu Open

ご相談は何度でも無料! 電話番号0568-62-7778メールでの無料相談・お申込み

面談・出張交通費 無料/着手金なし

ブログ

4月 29 2021

役所の書類作成は面倒くさい。と相場が決まってます。

10:10 AM 障害年金,雑多

「役所から届く通知や提出書類は、なぜこんなにも難しいのだろう?」と思うことが多いですよね。

 

理由は、役所側と受取手の双方にあると思います。

  • 役所の通知や提出書類の説明を難しく書かなければならない理由は、「法律から外れたことを言わないようにしないといけないので、法律の言葉をそのまま使うから。」
  • 受け取った人は、「法律の知識が乏しいので、書かれている内容のすべてが理解できないから。」

 

「法の上に眠る者は、これを保護せず」という一節があります。

この一節をそのまま解釈すれば「法律を知らない者は、保護しない」ですが、実際は「自分が困っているので助けて下さい。と言ってくれないと、皆さんの困窮していることが、行政側は何なのか解りません。貴方がどこの誰で、何に困っているから教えてくれないと保護できません。」と言っていると解釈した方が良いかと思います。

 

役所からの通知や提出書類の説明書きが解らないなら、「尋ねて、明らかにする」ということさえしてれば、保護対象になるわけです。

 

役所からの届いた通知や提出書類の封筒を開けないことは、保護対象から外れてしまうことを選択していることになるわけです。

 

行政は万能ではありません。

行政が万能ではない以上、行政が作る法律もまた万能ではありません。

 

大事なことは、行政から届いた通知や提出書類などの封筒を開けて、内容を確認すること。

次に大事なことは、「解らない」で済まさず、「行政に尋ねる」ことです。

 

ただ・・・障害年金の申請は、行政が教えてくれないことが多い制度の一つです。

それは、貴方を担当した人が、障害年金について詳しく知らなければ自信をもって、相手に伝えることができないからです。

しかし、貴方が生活に困窮していて、病気を持っているなら、その事実を担当者に伝えることで、担当している部署に繋いでくれる可能性はでてきます。

 

役所の書類は面倒くさい。と思って、何もしないと困るのは自分です。

 

書類作成が面倒くさいなら、書き方を尋ねれば教えてくれます。

書類作成を教えられても理解ができないなら、専門職にお願いすれば良い。

 

「面倒くさい。解らないから。」のままにしないで下さい。

自分で、自分を救う手立てを取って下さい。


このページの先頭へ戻る

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Menu Open

面談・出張交通費 無料/着手金なし