オフィス アスチルベは障害年金を専門とする社会保険労務士事務所です。名古屋市だけでなく岐阜県岐阜市も無料出張いたします。

Menu Open

ご相談は何度でも無料! 電話番号0568-62-7778メールでの無料相談・お申込み

面談・出張交通費 無料/着手金なし

ブログ

1月 30 2021

「脳出血」 障害厚生年金1級 認定

9:51 AM 障害年金

2021.01.01(雪道)

昨日、名古屋市にいたのですが、昼過ぎから雪が降り始めましたね。

事務所がある犬山市では、昨夜降った雪が、今朝薄っすらとつもりました。

昼には、すっかり雪はなくなってしまいますけどね。

 

 

 

「脳出血」の方で、障害厚生年金1級が認定されました。

 

依頼はご家族からでした。

 

右半身麻痺で、車椅子生活。介護施設に入所されています。

 

脳出血の方の場合、突然倒れてから緊急搬送されるので初診日と初診日の病院は、比較的確定しやすいです。

初診日の証明ができれば、障害年金の申請で大きな問題の一つはクリアされますから「初診日の証明は大事なこと」なんです。

(発病してから5年以上経っていなければカルテが残っているので、発病から5年以内に障害年金を申請することをお勧めします。)

 

問題は、後遺障害の状態です。

これは、人によって様々で、足だけが動かしにくい。腕だけが回復が遅れている。など、千差万別だからです。

 

後遺障害の状態を正確に把握することによって、何をどのように申し立てれば、ご本人の状態が審査官に伝わるのか?が解ります。

ここが、認定される等級の分岐点です。

 

医師は、筋力や関節可動域をみて、日常生活状態を予測して診断書を記載することが多いように感じられます。

ですから、実際の状態と異なる日常生活状態を示されたまま診断書を提出してしまうことがあります。

 

これは、どの病気でも同じですが、受け取った診断書は内容を確認して、記載されている状態が異なっていないか?を納得してから提出してもらいたいです。

 

診断書の内容をみても、よくわからない。不安だ。ということであれば、申請自体を依頼された方が安心かと思います。

何故なら、申請前には必ず診断書の内容を面談した時に確認した状態と異なっていないか?を確認してから提出し、申立書を作成していくからです。

 

今回の依頼者様の案件も同じように診断書の内容を確認し、申立書を作成し、申請をしました。

 

依頼者様は、障害厚生年金1級の支給額をみて「施設代が助かる」と喜ばれていました。

生活の一助になるのが、障害年金です。

本当に良かったです。

 

 


このページの先頭へ戻る

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Menu Open

面談・出張交通費 無料/着手金なし