オフィス アスチルベは障害年金を専門とする社会保険労務士事務所です。名古屋市だけでなく岐阜県岐阜市も無料出張いたします。

Menu Open

ご相談は何度でも無料! 電話番号0568-62-7778メールでの無料相談・お申込み

面談・出張交通費 無料/着手金なし

ブログ

1月 24 2021

「診断書」記載依頼前について

10:33 PM 障害年金

2021.01.17(ニャン太郎 クルクル目)

「何か、用事でもありますか?」とでも言っているかのような表情。

物言わぬ猫でも、いつも見ていると予想がつく。

この猫は仏頂面が多いですから・・・あまり考えは読めませんけどね。

猫も人も同じで、表情が乏しいと「嬉しい」のか、「怒っている」のか、イマイチ解りません。

表情が乏しい人は、誤解を生みやすいものですから。

人ならば、言葉が出せるので、喜怒哀楽を表現してもらえると解りやすいのですけどねぇ。

 そうしたら、嫌なことを言わなくても済むし、嬉しいことをしてあげられる頻度が増えるのに・・・と思いますよ。

 

 

 

障害年金の申請には「診断書」が必須です。

これは、ネットなどで障害年金のことを調べている方なら常識でしょう。

 

で、「診断書をどう書いてもらったら、2級になる」とか書いてあるものもある・・・かもしれない。

 

確かに、その通りに診断書を書いてもらえれば2級になる・・・可能性は高くなるのかもしれない。

しかし・・・診断書って、医師の診立てを記す書類ですから、申請者が思う通りには書いてもらえないことがとても多いのです。

 

医師は治療が仕事であって、障害年金の申請を通せる診断書を書くことが仕事ではないのです。

ですから、日々の診察で伝えてきたことが診断書に記されるのです。

 

「辛い」「苦しい」などと感情を訴えても、あなたの感情は医師には伝わりにくいのです。

理由は、感情の大きさは人それぞれだからです。

 

例えば、「辛い」のは、どの程度から辛くなるのか?は、あなたから医師に伝えた瞬間に、医師の感じる「辛い」に置き換わっています。

つまり、感情を伝えても、人には伝わらないのです。

 

では、どうしたらいいか?

それは、あなたの日常の状況を伝えた方が、客観的に、具体的になり、医師がイメージしやすくなります。

イメージができれば、「あぁ、辛いなぁ」とか医師に理解してもらえるようになっていくことが多いです。

 

診断書を記載依頼する前に、伝え直しをする必要があるか?考え直してみて欲しいな。と思います。

 

 

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Menu Open

面談・出張交通費 無料/着手金なし