オフィス アスチルベは障害年金を専門とする社会保険労務士事務所です。名古屋・愛知県地域を拠点としています。

Menu Open

ご相談は何度でも無料! 電話番号0568-62-7778メールでの無料相談・お申込み

着手金 頂いておりません

ブログ

3月 14 2013

国民年金基金と障害年金

原則: 国民年金基金は、65歳以降 障害年金と同時にもらうことが出来る。

 

また、国民年金基金の納付は、

障害年金の2級以上に認定されると、国民年金基金から脱退することになり、

掛け金は、それ以上納められなくなる。

(※3級ならば、国民年金基金に加入したままでいられる。)

 

国民年金基金を脱退をした後は、国民年金基金の掛け金の返還はない。

国民年金基金の脱退までの期間の賭け金で、65歳から国民年金基金がもらえるようになる。

 

 

問題なるのは・・・「65歳からの障害年金+国民年金基金」の年金額だ。

 

1.「障害年金2級認定+2級認定までの納付済の国民年金基金 」

            ↕

2.「障害年金不支給で、老齢年金+満額納付の国民年金基金」

            ↕

3.「障害年金3級認定+満額納付の国民年金基金」

                   の、いずれが多い額になるのか?

 

これも視野にいれて、申請をすると、65歳以降の年金額に貰い損がないかもしれない。

 

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Menu Open