オフィス アスチルベは障害年金を専門とする社会保険労務士事務所です。名古屋・愛知県地域を拠点としています。

Menu Open

ご相談は何度でも無料! 電話番号0568-62-7778メールでの無料相談・お申込み

着手金 頂いておりません

トップページ » 障害年金支給額

障害年金支給額

障害基礎年金の支給額(平成26年度)

障害基礎年金1級 障害基礎年金2級
年額 966,000円 年額 772,800円

障害基礎年金は、子がいる場合、上記の支給額に「子にかかる加算額」が加わります。

子の範囲

  1. 18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子
  2. 20歳未満で障害等級1級または2級の障害のある子

子にかかる加算額

1人目・2人目まで 3人目以降
年額 222,400円 年額 74,100円

障害厚生年金の支給額(平成26年度)

障害基礎年金1級 障害基礎年金2級 障害基礎年金3級
報酬比例の年金額×1.25+配偶者加給年金額+障害基礎年金 報酬比例の年金額+ 配偶者加給年金額 + 障害基礎年金 報酬比例の年金額 ※3級のみ最低保障額 579,700円があります。

障害厚生年金は、1級・2級のみ 配偶者がいる場合に、年額222,400円が加算されます。

配偶者加給年金額の対象者の範囲

  1. 生計を同じくする65歳未満の配偶者。
  2. 厚生年金・共済年金に20年間(240カ月)以上加入していない方。又は、20年間(240カ月) 加入していても 実際に老齢厚生年金・退職共済年金をもらっていない方。
  3. 障害基礎年金・障害厚生年金・障害共済年金を、実際にもらっていない方。

注意!
実際に、障害年金/老齢厚生年金・退職共済年金をもらっている方は、配偶者加給年金は支給停止されてしまいます。

報酬比例の年金額の計算

報酬比例とは、入社してからの給料・賞与をもとに、一定の計算式に当てはめて計算した結果、算出された額のことです。

報酬比例の年金額の計算

①平均標準報酬月額とは

最初に入社してから平成15年3月までの各月の標準報酬月額 × 期間ごとの再評価率 ÷ 被保険者期間の月数

②平均標準報酬額とは

平成15年4月以降からの標準報酬月額と標準賞与額 × 期間ごとの再評価率 ÷ 被保険者の月数

標準報酬月額とは

被保険者の報酬月額(4月・5月・6月に実際に支払われた税引き前の総給料÷3カ月)を、標準報酬月額等級表に当てはめた結果の額。
詳しい標準報酬月額等級表はこちら

標準賞与額とは

被保険者が賞与をもらった月の実際に支払われた税引き前の賞与の額(1,000円未満の端数切り捨て)。ただし、150万円を超えるときは、150万円とされる(最高150万円まで)。

再評価率とは

過去の給料の金額は、現在の金額の価値と異なります。そこで、現在の金額の価値に置き換える為に乗じる率です。
詳しい再評価率の表はこちら

このページの先頭へ戻る

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Menu Open