オフィス アスチルベは障害年金を専門とする社会保険労務士事務所です。名古屋・愛知県地域を拠点としています。

Menu Open

ご相談は何度でも無料! 電話番号0568-62-7778メールでの無料相談・お申込み

着手金 頂いておりません

トップページ » 「脳出血・脳梗塞」の障害年金の申請について

「脳出血・脳梗塞」の障害年金の申請について

「脳出血」も「脳梗塞」も、どちらの疾患も手足体が不自由になる症状が残ることが多いです。

しかし、半身が不自由になっても、もう半身の身体は自由に動かせますから、就労をしている方はいます。
障害年金は仕事ができていることを理由に、支給されない制度ではありません。
脳梗塞や脳出血で、どの程度手足体の動きに制限がでたのか?が審査の対象になります。

また、手足体の障害だけではなく、言語障害や記憶障害やてんかん症状という後遺障害が発生する方もみられます。その場合は、手足体の障害だけではなく、言語障害や記憶障害やてんかん症状も含めて申請を進めていく必要があります。

当事務所は、これまでの「脳梗塞・脳出血」の障害年金申請の経験の中で実践的に認定基準を理解してきました。
そして、依頼者様のご期待にそえるように、一件、一件、丁寧にご相談を受け、申請させて頂いております。

成功事例

これは、ほんの一例です。
下記以外の成功事例は、「成功事例 : 脳出血・脳梗塞、膠原病などの難病で手・足・体の障害」をクリックして下さい。

「障害年金1級 認定」の事例です。

家で過ごしているときに、ご家族が本人の異常に気が付きました。その後、緊急搬送をされ一命はとりとめましたが、右半身麻痺の障害が残りました。

家事や着替え・入浴など身のまわりのこと、移動が、ひとりでは困難になりました。幸い、言語障害などの他の後遺障害はなく、会話ができるので、家族や医師などとコミュニケーションをとることは可能でした。

「障害年金の申請の仕方を年金事務所で聞いたが、自分ではできる気がしない。特に、申立書に何を書けばいいのか分からない。」ということで、障害年金の申請に慣れている人に頼もう。と思ったそうです。

申立書は「病歴・日常生活状態」などをご本人またはご家族などの代理人が書いていきます。確かに、「何を、どのように書けばいいのか?」考えてしまいます。診断書の内容と大きく異なっていても、申立書の信憑性が低くなります。

ですから、面談時にご本人お会いし、手足体の状態を確認させて頂き、日常生活状態を出来る限り詳しく聴かせてもらいました。
半身が不自由だからと言って、日常のほとんどのことが出来なくなるわけではありませんから、慎重に日常生活の状態を教えて頂きます。
診断書の内容を精査した上で、申立書の信憑性を損なうことなく教えて頂いた日常生活の状態を詳細に記していき、申請を致しました。

結果は、障害年金1級と最高等級が認められ、ご本人もご家族からも喜びと驚きの言葉を頂きました。

「更新申請にて2級永久認定」の事例です。

この依頼者様は、就労をしていない間に障害年金2級を認定されました。
更新申請を迎えたときには、ご自身の努力とご家族・職場の協力もあり、障害者枠で就労を開始されました。

「就労を開始し、更新されるか?」心配だったので、更新申請のために、地元近くの社労士事務所に10件以上更新申請の依頼をしたようですが、全ての事務所で「長時間の就労をして、高収入を得ているので、2級の更新は困難だと思う。」と言われ、依頼を引き受けてもらえませんでした。
そんな折に、地元から離れた当事務所にご相談を頂きました。

ご相談を聴けば、「就労はしているが、手足体の状態は障害年金2級が認定されたときと、ほとんど変化がない」とのこと。当事務所では、すぐさま面談をし、更新申請のための手順と方法をご説明させて頂き、滞りなく更新申請をさせて頂きました。

結果は、障害年金2級が認定の更新が決定したばかりか、「症状がこれからも変化しないだろう」という永久認定が認められ、今後の更新申請は免除されました。

ご本人、ご家族は大変に喜ばれていました。私も今後の安心の一助ができて、本当に良かったと思えました。

成功事例 : 脳出血・脳梗塞、膠原病などの難病で手・足・体の障害

<申請までの手順>

相談料・面談料、0円
(詳細は「申請代行の費用」をクリックして下さい)

➀ ご相談を受け、面談を希望されたなら、日時をご相談の上決めて面談日と面談場所を決めます。
面談場所は、依頼者様のご希望に添います。
② 面談をさせて頂きます。
病歴・日常生活など障害年金の申請に必要な情報を聴取させて頂きます。
面談時に、依頼者様から申請に際して、不安な事や不明な点などの質問にも解りやすくお答え致します。
③ 初診日証明書類や診断書などの記載依頼。
診断書の記載依頼前に、診断書にある項目の説明を致します。これから記載依頼をすることは、何を問われているのか?などを解りやすくご説明致します。
④ 初診日証明書類・診断書などの書類の内容確認。
申請をする前に、提出書類に不備がないか?不安要素がないか?を確認致します。
予め不備をなくして申請をした方が、早く審査結果がでます。不安要素があれば、当事務所が作成する「病歴・就労状況等申立書」などで不安要素を少しでも軽減して申請しなければなりません。審査結果を左右することもある大事な申請準備です。
⑤ 病歴・就労状況等申立書の作成。
初診日証明書類や診断書の内容を徹底的に精査・分析をして、申請に必要な請求人の発育歴・病歴・日常生活・就労などことを詳細に作成していきます。
診断書だけの内容では不十分な場合も多く、この申立書を熟成させることは、とても大事な要素です。
⑥ 年金事務所等に申請をしてきます。
審査結果が出るまでの間の相談・質問などは常に受けております。
審査結果が出るまでの間に、年金機構から障害年金の審査のために書類の追加要求があったり、質問があったりすることが、稀にございます。そのような年金機構からの要求などの対応も当事務所は、請求人に代わり行っております。
ご相談は何度でも無料! 電話番号0568-62-7778メールでの無料相談・お申込み

このページの先頭へ戻る

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Menu Open