オフィス アスチルベは障害年金を専門とする社会保険労務士事務所です。名古屋・愛知県地域を拠点としています。

Menu Open

ご相談は何度でも無料! 電話番号0568-62-7778メールでの無料相談・お申込み

着手金 頂いておりません

ブログ

4月 9th, 2019

4月 09 2019

障害年金 申請のための必須条件(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2019.04.07(海津 チューリップ紫 全体 綺麗)      2019.04.07(海津 チューリップ紫 赤黄色)

岐阜県海津市の「チューリップ」です。

春の極めつけは、チューリップですかねぇ ♪

 

 

 

さて、本題です。

「障害年金を申請する!」と決めた時、申請の必須条件があります。

 

それは「国民年金保険料の納付状況」です。

 

障害年金は、正式名称「障害年金保険」と言います。

つまり、「保険」です。

 

「保険」である以上、保険料を納めていないと申請ができません。

 

障害年金の保険料は、「国民年金保険料」になります。

 

国民年金保険料は、厚生年金・共済年金に加入していれば、支払っていることになっています。

しかし、厚生年金・共済年金に加入していない人は、ご自身で「国民年金保険料」を納付しなければなりません。

 

この「国民年金保険料」は、「初診日」となる日よりも前に納付していることが必須です。

初診日よりも後日に納付している場合は、申請が可能な納付期間としてカウントされません。

 

 

実に難しい話ですよね。制度とは理解が大変なものです。

でも、簡単に障害年金が申請できるか?は、調べられます。

 

方法は、初診日を確定し、年金事務所で「申請ができるか?」調べれば良いだけです。

簡単でしょ?

 

 

問題は、「初診日」と考えていた日で、国民年金保険料の納付期間が足りず、申請ができない場合です。

その時は、考えている「初診日」よりも前で、初診日になり得そうな通院歴を探すことになります。

 

これは、「初診日になり得るのか?」判断できる見識が必要になります。

 

 

障害年金、申請をするまでも一筋縄ではいないことが多い制度です。

 

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 


このページの先頭へ戻る

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Menu Open