オフィス アスチルベは障害年金を専門とする社会保険労務士事務所です。名古屋・愛知県地域を拠点としています。

Menu Open

ご相談は何度でも無料! 電話番号0568-62-7778メールでの無料相談・お申込み

着手金 頂いておりません

ブログ

2019年4月

4月 29 2019

障害年金 審査が厳しくなった?(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2019.04.28(津島市 藤棚) 

藤が満開ですよ ♪ ここは、愛知県津島市「天王川公園」です。

綺麗ですねぇ。艶やかです ☆

 

 

さて、本題です。

「障害年金の審査が厳しくなり、認定が難しくなった!?」 と言われ始め、早数年が経ちます。

 

相談者様からの最近の審査結果からみるに、数年前の審査結果から変わってきたな。と感じる点が出てきています。

それは、認定基準要領の厳格化です。

 

 

視力・聴覚・臓器など検査データを用いる申請では、検査データが日付と結果が認定基準に合致しているか?が重要になってきているように感じます。

診断書の総合的にみて、重い症状にみえても、申請に際して必要な日付と検査データが認定基準から外れていると容赦なく不支給になってきているのを感じます。

 

 

精神疾患の場合は、検査データを用いる疾患とは逆に、診断書の総合判定を重要視してきていると感じます。

例えば、日常生活の能力判定が3級や2級相当を示していても、就労歴や収入を勘案して、総合的に判断され日常生活の能力判定が重く示されていても、審査官は「いやいや、本当はそこまで症状は重くなかったでしょ!?」と判断し、不支給等の不服を感じざるを得ない結果になってきています。

 

 

全ての病気において、なるべく情を挟まないようにし、定規で線を引いたような審査結果が出ることが多くなったように感じます。

 

認定基準を元に審査をするわけですから、一定の線引きは必要なのは解ります。

認定基準は、法律ですから、認定基準を元に審査をすることに問題はありません。

 

ですから、認定基準を厳格に守り、審査結果を出していく方向に変わることは仕方がないのでしょう。

 

 

では、申請を出す者は、どうしたら良いのか!?

答えは、認定基準をよく理解し、申請をしていく他ありません。

 

審査をする者は、国の側の者です。

認定基準を決めていくのも国の者です。

 

色々と意見はあるでしょうが、その意見が通ることがあったとして、それはあなたが申請しようとしている「今」でしょうか?

あなたの意見が通ることがあったとしても、審議を重ねた数年後でしょう。

 

今のあなたの生活を救うには遅い変更かもしれません。

 

ならば、今の認定基準で認定される可能性を高めた申請方法を考える他ありません。

 

時間は有限です。

待ってはくれないものです。巻き戻すことは絶対にできません。失えば終わりです。

 

人は年老いていきます。

今いるあなたの支援者は、様々な事情であなたから去らなければならず、数年後にはいなくなっているかもしれません。

そう・・・先のことは分からないのです。「後悔先に立たず」

今だから出来ることを最大限に行い、将来を明るくする方法を考えるしかないのです。

 

現状から踏み出さないことには未来は作れません。

未来を作るのは、先が分らなくても、今できることを信じて最大限やってみる。

これしかないと思っています。

 

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 


4月 27 2019

障害年金 発達障害のみで2級認定って可能なの?(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2019.04.25(自宅 ビオラ)  2019.04.25(自宅 ガーベラ)

やはり、花が多い季節は良いですねぇ。

華やかに見えます。

遠くに行かなくても、家の外を少し覗けば咲いている花がある。

身近な癒しです。

 

 

 

さて、本題です。

『「発達障害」という病名だけで障害年金2級が認定されるの!?』

 

『発達障害って、3級認定が精一杯じゃないの!?』

 

そんな風に思っていませんか?

 

発達障害は、コミュニケーション障害と言われています。

つまり、対人が苦手なだけで、日常生活に大きな支障が出ていないから2級認定は無理。と思っている人が少なからずいるようです。

 

確かに、依頼者様をみても、発達障害はコミュニケーションが苦手のようです。

しかし、コミュニケーションだけが苦手なわけではありません。

 

臭いに敏感。周囲の音に敏感。物忘れが多い。などコミュニケーション以外の部分でも日常生活で不自由さを感じています。

つまり、コミュニケーションが苦手と言っても、その他の苦手な部分が何なのか?

これが2級認定に大事になります。

 

もちろん、苦手なことが医師に伝わっていないといけません。

診断書を書くのは、医師ですから。

医師に伝えることは大変ですが、避けては通れないです。

 

「苦手なこと何なのか?医師に苦手なことを理解されること。」

これが揃えば、「発達障害」のみの病名で障害年金2級認定の確率は上がります。

 

現に、当事務所では、「発達障害」のみの病名で、障害基礎年金2級が認定されている事例があります。

 

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 

 


4月 25 2019

障害年金 事例「双極性障害(躁鬱病)2級更新決定」からみる更新申請で気を付けること(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

 2019.04.24(名古屋市北区 ツツジ ピンク)  2019.04.24(名古屋市北区 ツツジ 赤色)

名古屋市中区で咲いている「ツツジ」です。

雨に濡れて、瑞々しいですよ ♪

 

 

 

さて、本題です。

平成31年1月に「双極性障害(躁鬱病)」の方の更新申請をし、ようやく「障害厚生年金2級更新」が決定されました。

ご本人を含めご家族は、一安心をしておられました。

 

更新申請は、ドキドキするものです。

特に、前回の申請の時と状況が変わっているならば尚更です。

 

 

この「双極性障害」の方は、前回の申請から大きく状況が変わっていました。

  1. 地元に居るとフラッシュバックが起きるので、遠く地元から離れ、妻と別居し、単身で生活をするようになっていた。
  2. 地元から離れたので、病院を変わっていた。
  3. 単身で生活をしていたので「日常生活は一人でできている」と転院先の医師に思われる可能性が出てきた。

 

 

この1~3の状況変化により、今回の更新申請で「2級更新がされるのか!?」 微妙なところになりました。

 

 

そこで・・・下記1~3に気を付けて更新申請をしました。

  1. なぜ、単身で地元から離れる必要があったのか?
  2. 単身での日常生活は、どの程度出来ているのか?
  3. 単身生活は、今後も続くのか?

 

結果、障害厚生年金2級 更新が決定されました。

しかも、次回の更新時期が「1年後→3年後」に延びる結果になりました。

 

 

このように、前回の申請から状況が変わっているならば・・・「更新申請前に何に気を付ける必要があるのか?」を明確にし、申請準備に取り組む必要があります。

 

一度、決定が下ってからの不服申立てによる等級変更は大変です。

ですから、ご自身等で迷ったら、専門家に相談をして欲しいと思います。

 

 

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 


4月 24 2019

障害年金 申請 「憂うつ」や「疼痛」の病気の難しさ(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2019.04.23(北区 藤棚)

新緑がまぶしく、藤の紫が美しい ♪

良い季節になってきましたね。

 

 

 

さて、本題です。

障害年金で申請可能な病気は、色々あります。

 

どの病気も、医師が「診断書」を作成。そして、本人または代理人が請求人の状態を記した「申立書」を作成。

これら「診断書」と「申立書」をもって審査され、決定が下されることは変わりません。

 

体や手足などの機能障害ならば、見れば・・・医師から理解されます。

内臓などの機能障害ならば、検査データからある程度・・・医師から理解されます。

 

しかし、「憂うつ」や「痛み(疼痛)」といった目では判断できない症状は、本人からの申告にしか医師に伝わりません。

ここが、診断書を作成してもらうときの一つのハードルになることが多いです。

 

「医師が、どれだけ患者(請求人)の言葉に耳を傾け、理解を示しているか!?」

これは、一朝一夕でなんとかなるものではありません。

 

普段の診察から医師に症状を伝えること。医師から言われた助言に患者(請求人)が耳を傾けること。など、医師と患者の信頼関係を築くことが大事になると思います。

 

「憂うつ」や「痛み(疼痛)」などの目では判断できない診断書の内容は、医師との信頼関係の上に成り立っていると思います。

 

医師も人です。

医師という職業人として、患者の病気や症状を治したい。と思っている人が圧倒的に多いと思います。

医師からの助言は、その表れである。と捉え、医師の言葉にも耳を傾けることをしてみてはいかがでしょう。

 

もしかしたら、信頼関係が強くなるかもしれません。

そこから、医師からの理解が深まり、診断書の内容に良い影響を及ぼすかもしません。

 

よかったら、参考にしてください。

 

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 

 


4月 22 2019

障害年金 共済組合について(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2019.04.21(犬山 綿毛)  2019.04.21(犬山市 シロツメ草)

春の草って、どことなくほのぼのしてますよねぇ ((´∀`))

 

 

 

さて、本題です。

障害年金の申請は、「共済組合」だけは年金事務所で取り扱ってくれません。

※ 「障害年金が申請できるほど年金保険料を納付しているか?」の確認は年金事務所で可能です。

 

初診日が「共済組合加入期間中」ですと、年金事務所で「加入期間中の(加入していた)共済組合に電話をして下さい」と言われてしまいます。

 

 

何故でしょう?

それは申請先は、年金事務所ではなく、加入期間中の共済組合だからです。

※ 既に共済組合だった就労先を退職されている方は、初診日当時加入していた共済組合が申請先になります。

 

 

「共済組合」は、国家公務員共済・地方公務員共済・公立学校共済組合などいつくもあります。

つまり、ご自身の加入している(していた)共済組合が分らないと、障害年金の申請先がわからないのです。

 

申請先を明らかにするために、ご自身の初診日当時に加入期間中の「共済組合」が、どこだったのか?を知る必要があります。

 

そして、「共済組合」ごとに診断書等と共に申請する添付書類や申請書類を提出する順番が異なっていることがあります。

だから、各「共済組合」から障害年金の申請に必要な資料・書類を取り寄せる必要があります。

 

因みに、申請に必要となる病院記載書類(診断書・受診状況等証明書)は、どこの共済組合でも共通で必須です。

異なるのは、病院記載書類以外の住民票などです。

 

「共済組合」の障害年金の申請は、年金事務所が窓口ではないことを理解した上で申請準備をしていく必要があります。

 

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 


4月 17 2019

障害共済年金 「うつ病」申請してきました。(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

 2019.04.17(愛知県庁)  2019.04.17(愛知県庁 ピンク花)

愛知県庁に入っている「公立学校共済組合」にて障害共済年金の申請をしてきました。

(ピンクの花は、愛知県庁の表の花壇に植わっています。)

 

障害共済年金と審査は、加入していた共済組合で行われます。

 

障害厚生年金や障害基礎年金と認定基準は変わりません。

どこで審査が行われるか?だけの差です。

 

だから、「うつ病」の申請で気を付けることも障害厚生年金や障害基礎年金と変わりません。

 

  1. 診断書を書いてもらう前に、医師に症状が伝わっているか?
  2. 診断書の内容は、請求人の症状を的確に表されているか?
  3. 病歴に不備がないか?
  4. 申立書の内容は診断書の整合性がとれているか?
  5. 申立書は、請求人の状態を診断書以上に表せているか?

 

概ねこれら5点を気を付けています。

 

「概ね」と書いたのは、障害年金の申請は、請求人ごとに自分史があるので、5点以外にも認定を受ける確率を高めるために必要な証明がある。と判断したときは、適宜追加していくからです。

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 

 

 


4月 16 2019

障害年金 扶養されている方の180万円の収入制限について(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2019.04.15(名古屋市西区 八重桜)

名古屋市西区の八重桜です。

重なり合った花弁が「美しさ」を増していますね

 

 

さて、本題です。

扶養されている方は、配偶者が健康保険料や国民年金保険料が本人(扶養されている方)に代わり納付してくれています。

 

しかし扶養されているでも、ある一定度収入があると、扶養から外れ、ご自身で国民健康保険料と国民年金保険料を納付しなくてはいけなくなります。

 

その一程度収入が、障害年金を支給されている方は、年間180万円以上になります。

目安として「一ヶ月=149,999円」

 

この年間180万円ですが、扶養されている方は「ご自身で働いている給与+障害年金」や「雇用保険の失業給付金(基本手当)+障害年金」で考えなくてはなりません。

 

つまり、障害年金以外に収入がある場合は、その収入も含めて年間180万円(一ヶ月=15万円) 未満(年間1,799,999円 / 目安 一ヶ月=149,999円)になっていないといけないわけです。

 

年間180万円(一ヶ月=15万円)を超えたら、扶養から外れる可能性がでているので、市町村役場に国民健康保険料と国民年金保険料をご自身で納付するために切り替えなくてはならないのか?相談をすることをお勧めします。

 

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 

 

 

 


4月 14 2019

障害年金 精神疾患で働いている人の「認定の基準」ってあるの?(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2019.04.13(各務原市 電車)

岐阜県各務原市の高架橋から写しました。

電車をみていると・・・どこかに出掛けたくなりますよ。

 

 

 

さて、本題です。

障害年金は就労している人でも認定基準に合致すれば、認定されます。

 

身体障害であれば、障害を負っている手足体以外の部位を使って就労が可能です。

だから、就労をしていることは精神疾患に比較すると、障害年金の認定基準で、就労をしてることが大きなマイナスにはなりにくいと思います。

 

精神疾患の場合は異なります。

就労は、他人とのやり取りがあります。

精神疾患の人は、少なからず対人関係により障害状態が一日の中で変わることがでてくると思います。

だから、認定されるには「就労条件・勤務時間や収入」が大きく関係してきます。

 

つまり、収入が多ければ、ある程度の就労が可能である。という証明になります。

その就労条件が、一般就労であれば尚更です。

 

今、「なぜ、その収入で就労が続けられたのか?続けているのか?」が、精神疾患で働いている人の「認定基準」になっています。

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 

 


4月 11 2019

障害年金 更新申請「複合性局所疼痛症候群(CRPS)と双極性障害」併発 1級認定決定(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2019.04.08(半田市 桜1)

桜・・・もう見納めですねぇ。

「今年も、ありがとう」と言いたいですよ ☆

 

 

 

さて、本題です。

「複合性疼痛症候群と双極性障害」を併発された依頼者様の更新申請が、無事に「障害厚生年金1級」のままで認定されました。

 

ホッしました。

 

ホッとした理由は、裁定請求(最初の請求)時は、双極性障害と複合性疼痛症候群を合わせて障害厚生年金1級を認定されていました。

 

今回の更新申請では、双極性障害の症状は変わらず。でしたが、複合性疼痛症候群の肢体の状態は、裁定請求時では上半身と下半身ともに悪かったのですが、更新申請時では上半身は回復し、下半身のみ悪い状態が続いていました。

 

つまり、双極性障害は安心ですが、障害状態が変わった複合性疼痛症候群を合わせて、1級更新を目指すことが命題でした。

 

更新申請では、診断書のみ日本年金機構に提出し、審査が進みます。

心配でしたから、色々と対策を練り、更新申請をしたところ、依頼者様の期待に応えることができました。

 

依頼者様からは「頼んで良かったです。」と喜んで頂けました。

 

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)


4月 09 2019

障害年金 申請のための必須条件(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2019.04.07(海津 チューリップ紫 全体 綺麗)      2019.04.07(海津 チューリップ紫 赤黄色)

岐阜県海津市の「チューリップ」です。

春の極めつけは、チューリップですかねぇ ♪

 

 

 

さて、本題です。

「障害年金を申請する!」と決めた時、申請の必須条件があります。

 

それは「国民年金保険料の納付状況」です。

 

障害年金は、正式名称「障害年金保険」と言います。

つまり、「保険」です。

 

「保険」である以上、保険料を納めていないと申請ができません。

 

障害年金の保険料は、「国民年金保険料」になります。

 

国民年金保険料は、厚生年金・共済年金に加入していれば、支払っていることになっています。

しかし、厚生年金・共済年金に加入していない人は、ご自身で「国民年金保険料」を納付しなければなりません。

 

この「国民年金保険料」は、「初診日」となる日よりも前に納付していることが必須です。

初診日よりも後日に納付している場合は、申請が可能な納付期間としてカウントされません。

 

 

実に難しい話ですよね。制度とは理解が大変なものです。

でも、簡単に障害年金が申請できるか?は、調べられます。

 

方法は、初診日を確定し、年金事務所で「申請ができるか?」調べれば良いだけです。

簡単でしょ?

 

 

問題は、「初診日」と考えていた日で、国民年金保険料の納付期間が足りず、申請ができない場合です。

その時は、考えている「初診日」よりも前で、初診日になり得そうな通院歴を探すことになります。

 

これは、「初診日になり得るのか?」判断できる見識が必要になります。

 

 

障害年金、申請をするまでも一筋縄ではいないことが多い制度です。

 

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 


次のページ »

このページの先頭へ戻る

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Menu Open