オフィス アスチルベは障害年金を専門とする社会保険労務士事務所です。名古屋・愛知県地域を拠点としています。

Menu Open

ご相談は何度でも無料! 電話番号0568-62-7778メールでの無料相談・お申込み

着手金 頂いておりません

ブログ

3月 13th, 2019

3月 13 2019

障害年金 一度や二度の相談・申請で諦めてはいけない!(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2019.03.12(犬山 初桜)

「ピンク」ですよ。「桜」ですよ。

春ですねぇ。

「咲く桜」を観ると、何となく嬉しくなります ♪

不思議な物です。

 

 

 

さて、本題です。

ご自身で申請をしたり、社労士に相談・依頼をしたり、色々と障害年金の申請を試みたけど・・・上手くいかなかった。

 

そんな人は、案外と多いと思います。

実際、ご相談して下さる方々の内容は、今や「一度は自分で申請を試みた」「過去に社労士に相談した。依頼をしていた。」という物が多くなってきています。

 

 

ご自身等が申請が上手くいかなかった理由として、一番多いのが「初診日」にまつわるものです。

 

・初診日当時の証明ができなかった。

・申請しようとした初診日では、国民年金保険料が申請基準を満たさず申請できなかった。

 

 

日常生活の状態で不支給になったのであれば、伝え直しをすれば、過去の状態では認められなくても、現在の状態ならば認められる可能性がある。

 

しかし、過去の出来事(初診日とか国民年金保険料の納付状況など)は変えようがない。

そう、過去は変えようがない。

 

そうなると、あなたの過去から新たな事実を見つけ出し、申請を試みなければならない。

これには、専門的な知識と経験が不可欠になってきます。

 

 

あなたの過去から申請可能な事実を見つけ出すことができれば、申請が可能になる。

申請が可能になれば、今のあなたの状態次第では障害年金が認定される可能性が出てくる。

 

 

 

あなたの過去から申請可能な事実を見つけ出すこと」が大事。

一度や二度の相談・申請の結果を鵜呑みにしてはいけない。

 

当事務所は、あなたの過去から申請可能な事実を見出し、申請をし、障害年金を認めてもらった実績があります。

 

まだ、諦めるのは早い。

 

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)


このページの先頭へ戻る

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Menu Open