オフィス アスチルベは障害年金を専門とする社会保険労務士事務所です。名古屋・愛知県地域を拠点としています。

Menu Open

ご相談は何度でも無料! 電話番号0568-62-7778メールでの無料相談・お申込み

着手金 頂いておりません

ブログ

1月 21st, 2019

1月 21 2019

障害年金 親御さんの心配事(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2019.01.14(冬景色 稲)         2019.01.14(枯れイチョウ)

冬・・・周囲を見渡すと、枯れて色の世界ですねぇ。

が恋しくなります。

でも、冬の景色には古き日本の原風景が詰まっているようにも思えます。

 

 

さて、本題です。

障害年金の面談の際に、親御さんとお話をする機会多くあります。

 

請求をするご本人は、人見知りが強いのでお会いできないことがあるので、ご本人をよく知る親御さんからご本人の状態を聴取することになるからです。

 

その折に、親御さんから、

「私が元気なうちはいい。でも、私が居なくなったら・・・この子は、どうやって生きていくのだろう?そう思うと心配になる。だから、私が元気なうちに障害年金の申請をしておこうと思った。」

という内容をよく耳にします。

 

続けて親御さんから、

でも・・・

  • 障害年金の申請をしても、上手くいかなかった。
  • 障害年金の申請の説明を聞いても難しくて解らなかった。
  • 申立書に何を書けばいいのか解らない。

など、申請の難解さに困ってしまう親御さんが多いようです。

 

親御さんの気持ちとは裏腹に、時間だけが経っていく。

そんな非情な事態になってしまうことが起こっています。

 

 

「社労士などに依頼をすれば、お金がかかる。少しでもお子さんにお金を残してあげたい。」というお気持ちは理解できます。

しかし、解らないままに申請をしても、上手くいかないのが障害年金であったりもします。

 

 

まずは、障害年金で理解できないことを相談をして下さい。

そして、説明を聴いて、自分では手に負えないと思えば、社労士などに依頼をすれば良い。と思います。

 

解らないことを尋ねることは、恥ではありません。

「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」とならぬよう、最善の選択をして申請をして欲しいと思います。

 

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)


このページの先頭へ戻る

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Menu Open