オフィス アスチルベは障害年金を専門とする社会保険労務士事務所です。名古屋・愛知県地域を拠点としています。

Menu Open

ご相談は何度でも無料! 電話番号0568-62-7778メールでの無料相談・お申込み

着手金 頂いておりません

ブログ

2018年11月

11月 29 2018

障害年金 国民年金保険料納付要件について(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2018.11.26(名古屋市 イチョウ 名古屋経済大学院) 2018.11.26(名古屋市 イチョウ)

愛知県名古屋市のイチョウです。

街路樹として植えられており、イチョウ並木になっています。

今が、一番の見頃  ♪ 街は、黄色く色づいていますよ

 

 

さて、本題です。

 

依頼者様の中に市役所の年金課で

『「あなたは保険料納付が足りないから、障害年金が申請できないですよ」と言われた。だから、諦めていた。でも、ダメ元で、専門家に聞いてみようと思った。』

という相談を受けることがあります。

 

 

確かに障害年金を申請するには、国民年金保険料を一定度納付していないといけません。

  • 障害者手帳を持っているから、障害年金が申請できるわけではありません。
  • 難病指定を受けている病気だから、障害年金が申請できるわけでもありません。

 

 

障害年金は、正式名称「障害年金保険」と言います。

つまり、国が定めた「保険」です。

 

「保険」である以上、保険料を納めていないと受け取る権利がありません。

障害年金の保険料は、「国民年金の保険料」です。

だから、国民年金保険料を一定度納付していないと、障害年金の申請ができないのです

 

 

「納付をする」と言っても、「未納」じゃなければいいのです。

 

生活上の問題で、国民年金保険料が納付できないことがある。

その時は、市役所などで「国民年金保険料が支払えない」という意志表示を示す「申請免除」という制度を使っていれば、例えご自身が国民年金保険料を納付していなくても、「未納」扱いにはなりません。

つまり、国民年金保険料を納付していることにしてくれます。

 注) 初診日より前に申請免除をしていないと、納付扱いにはなりません。

 

また、20歳より前に厚生年金加入している場合だと、この20歳前の厚生年金加入部分も国民年金保険料納付済として考えます。

 

 

市役所の年金課の係りの人は、障害年金の専門家ではありませんから、知識不足を否め場合が出てきます。

特に、保険料納付要件や障害状態などの見極めは甘い場合が多いです。

 

年金課の係り人も日々、勉強をしているとは思いますが、困難を対処して申請をしてきた経験は少ないでしょう。

だって、年金課の係りの人は制度を伝えることが主な仕事で、申請を代行が主な仕事ではありませんから。

 

 

ですから、 「保険料納付要件が足りないと言われた」としても、まだ諦める必要はありません。

 

 

調べ直しましょう!

すると、 「あぁ、ギリギリ納付要件が足りていたね」ということが起きています。

 

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですよ)

 

 

 


11月 26 2018

障害年金 申請まで不安になりますよね?(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2018.11.17(犬山 紫グラデーイョンの花)

自然の色彩は、実に絶妙だと思いますよ。

薄い紫をベースに、濃い紫で模様をつくる。

陽に当たると、より一層美しく見えるようになっている

不思議ですねぇ・・・自然の色彩は。

 

 

さて、本題です。

障害年金の申請までには、

  • 医師に診断書記載依頼をする。
  • 申立書を作成する。

と、この2つが大きな問題になると思います。

 

  • 診断書を書いてくれるだろうか?
  • 診断書を書いてくれたとして、認定される内容になっているだろうか?
  • 申立書・・・何を書けば効果的なのだろうか?何を書かない方が良いのだろうか?

まぁ、実際に申請の準備を進めていくと、悩むことが増えていくと思います。

 

 

ご自身で申請をしている最中に体調を悪くする方々もいるくらい重労働です。

 

 

不安は、答えが分からないから不安になります。

不安を解消したくて、ネットなどで調べても、自分に当て嵌まっているのか?分からないから、不安は解消されません。

 

不安を解消するには、プロに聞くしかないと思います。

色々な困難事例を経験をしていれば、あなたの不安の答えも知っているでしょう。

そして、不安の先にある申請までの道筋も見えてくると思います。

 

一人で悩むことはありませんよ。

悩んでも良いことはありません。まずは、不安解消からスタートしませんか?

 

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料 無料ですから)

 

 


11月 24 2018

障害年金、支給されたら「何に使う?」(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2018.11.21(木曽川橋)

晴れて、水面が波打たない秋の日。

水面が鏡面になります。

すると・・・陸橋が水面に逆さに映る ♪

思わず、見いてしまいました。

 

 

さて、本題です。

障害年金は、非課税です。

そして、認定されれば、仕事をしながらも支給はされます。

 

所得が低くて、障害年金が認められるわけではないので、所得が多い方でも障害年金に認定される可能性はあります。

そこが、生活保護と大きく異なるところでしょう。

 

障害年金が支給されたら、何に使おう?

 

好きなように使って下さい。

 

あなたが必要と感じる事や物に使うのも良いでしょう。

将来を見越して、貯蓄しておくことも良いでしょう。

国民年金保険料の過去の滞納や免除が気になる方は、過去の国民年金保険料を納付することも良いでしょう。

 

問題は、今、あなたが申請し、認定されるための努力を実らすことが大事です。

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 

 


11月 20 2018

障害年金の支給は「出会い」からはじまる(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2018.11.17(犬山 四季桜)

季節外れに咲いた「ソメイヨシノ」ではありませんよ。

少し寒くなった時期に咲く「四季桜」という桜です。

遠めから観ると、白い綿が咲いているように見えます。

 

 

さて、本題です。

障害年金の申請代行をしていると、依頼者様からよく聞く話があります。

  • 「もっと早く障害年金のことを知りたかった。」
  • 「自分で申請しようとしないで、最初から頼めば良かった」

 

障害年金に限らず、どんな制度や行政サービスも知らないと使えませんよね。

いくら行政でも、市民の状況を全て把握はできない。

だから、その家に必要な制度などを完璧に知らせることは困難です。

 

なるべく多くの市民に情報を届けようと、新聞や広報などで周知を図っています。

でも、市民は掲載されている文書を読まない限り、その情報を受け取ることはできません。

 

つまり、 「出会い」です。

障害年金のことを知ったから、申請をする方法を知ることに繋がった。

自分で申請をして、失敗をした。だから、次は失敗しないように、プロを探して、依頼をした。

 

「法の上に眠る者は、これを保護せず」という言葉あります。

これは「法律を知らない人は、制度や行政サービスを知らないから行政(国)に頼れない。だから、行政(国)は、あなたの保護が困難になる。だから、自分で知ろうとして、行政(国)に保護されるよう考えて欲しい。」

そういう意味です。

 

障害年金が認定され、支給開始されるきっかけは「出会い」だと思います。

 

 

 

いつでもご相談受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市、土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料です)

 

 

 

 


11月 15 2018

障害年金で依頼者様より多い相談(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2018.11.08(名古屋城近く 街路樹 紅葉)  2018.11.15(犬山 銀杏 紅葉)

秋が、一年の中で景色も光も一番 しい気がします。

今、街も 里も してますね

 

 

さて、本題です。

障害年金の申請代行をしていて、最近、相談で多いのは「初診日」。

 

依頼者様から・・・

  • 「初診日のときに、国民年金保険料の納付要件が足りないと言われた」
  • 「初診日の病院にカルテがない。」
  • 「自分で思っていた初診日は、障害年金の初診日ではないと年金事務所で言われた。」

 

申請は本やネットを使えば、何とかできるかもしれない。

でも、本やネットの情報から外れたことが起きると、自分では対処がとれずに困るようです。

 

「初診日」は、障害年金の申請をする上でのスタートの日を決めること。

 

ある意味、「初診日」が申請の中で一番大事かもしれない。

理由は、日常生活状態や就労状態は、日々の中で変わっていく。

今は症状が軽くても、これから先は症状が重くなり認定されるかもしれない。

 

でも、「初診日」は過去のこと。過去は変わらない。

初診日が何十年も前ならば、カルテが残っていなくても仕方がない。 (カルテの保存義務は5年だから)

障害年金をするつもりで病院にかかっているわけではないから、国民年金保険料を定期的に支払っていなかった。 (「申請免除」という制度を知らなければ、保険料滞納もあり得る。)

 

それらの過去の出来事を全てクリアして、「初診日」を見つけ、初診日の証明をとらなくてはならない。

過去を変えることはできないから、一番大変と言える。

 

「初診日」は、あなたの記憶の中にある。

だから、まずは通院歴を思い出すことから始めるしかない。

 

申請可能な「初診日」を特定するには、あなたの記憶と申請に慣れた者の知識が必要となる

 

手を尽くしても、申請可能な「初診日」が見つからないことがある。

それでも、できることから始めないとこの先も申請可能な「初診日」は見つからない。

 

さぁ、これから申請可能な初診日見つけて、認定をめざす助力をしよう。

 

 

 

いつでもご相談受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

ますは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料 無料ですよ)

 


11月 12 2018

障害年金が申請できなくなる場合(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

 2018.11.05(雲の間に光)

雲が立ち込めても、光が射し込む隙間はある。

空は、一日として同じ模様はない。一期一会の出会いなんですよねぇ

 

 

さて、本題です。

 

障害年金を申請するには、老齢年金が支給されていないことが条件になります

 

老齢年金とは、何ぞや?と思う方がいると思います。

老齢年金とは、一般的に65歳から支給される国民年金や厚生年金のことです。

 

「一般的に」と書いたのは、「65歳から支給される老齢年金」 を 「65歳より前から支給開始してしまおう!」 という制度があるからです。

この65歳より前から支給開始させる老齢年金のことを「繰り上げ」と言います。

※ 60歳~64歳まで支給される老齢厚生年金の特例とは異なります。

 

この「繰り上げ」をしてしまうと、65歳から支給開始される老齢年金を早くもらう意志を示したことになります。

つまり、65歳より前から老齢年金を支給されていることになります。

 

すると・・・本来は65歳より前ならば障害年金の申請が可能だったのに、65歳より前に老齢年金の繰り上げをしてしまっているので、65歳より前から老齢年金が支給されていることになり、障害年金の申請ができなくなります

※ 障害年金の初診日が「老齢年金の繰り上げ」支給開始前を除く

 

 

「老齢年金の繰り上げ」に踏み切る前に、病気があるならば、障害年金のことも考慮に入れて考え直すことをお勧めします

 

 

いつでもご相談受けています。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に 電話メール ご相談下さい。

(相談料 無料です)

 

 

 

 

 

 

 


11月 10 2018

「障害年金の講演」をさせて頂きました。(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2018.11.10(赤とんぼ) 2018.11.08(赤い実)

と言えば「赤色=紅葉」ですかね。

でも、周りを見渡せば・・・トンボも実も、案外と赤色は多いんですよ。

 

 

さて、本題です。

11月9日(金)に、成年後見をされている弁護士さんと社会福祉士さんの合同勉強会にお招きにあずかりました。

181109_185747

テーマは、もちろん「障害年金」です。

みなさん、熱心に話を聞いて下さいました。感謝です。「ありがとうございます。」

2018.11.09(名古屋市中区丸の内 成年後見 講演)

私の話の中から、一つでも話を聞いて下さった方々の参考になれば幸いです。

これからも障害年金のことでお呼びがかかれば、「障害年金の実際の話」や「ご要望に合わせた話」をさせて頂きたいと思います。

 

この日、伝えたかったことは「仕事をしているからといって、障害年金を諦めないで欲しい」

 

方法を模索・申請をして、認定される確率を上げることを諦めないで欲しい。

そういう思いで話をさせて頂きました。

 

話を聞いて下さった方々に感謝を申し上げます。ありがとうございました。

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料 無料です)

 

 


11月 05 2018

障害年金 統合失調症 認定・広汎性発達障害 申請・統合失調症 納付要件確認などの年金事務所の日(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2018.10.28(我が家 みかん)

ミカンが実り、色づき、もうすぐ食べ頃ですよ

秋のイラストの色は「オレンジ色・茶色・赤色」でしょうか・・・実に、食欲を増す色遣い。

「〇〇の秋」は、きっと「食欲」が一番ふさわしいような気がします。

 

 

さて、本題です。

仕事柄、年金事務所にはよく行きます

 

障害年金の「申請・納付要件の確認・申請後の結果確認」が主な用事です。

 

広汎性発達障害の案件の申請をし、これから申請をする統合失調症の案件の納付要件確認をし、申請済みの統合失調症の障害基礎年金2級の結果を確認しました。

 

全て精神疾患ですが、全ての案件で申請をするにあたり大変なことは異なります

  • 申請をした広汎性発達障害の案件は、日常生活能力が軽めに診断書が書かれている。

 

  • 納付要件確認をした統合失調症の案件は、カルテ等が病院に残っていないので、初診日の正確な日付がわかりません。初診日が曖昧なままの申請になります。

 

  • 認定を確認した統合失調症の案件は、依頼者が請求人と同居していない姉妹なので、請求人の日常生活の情報が少ない。請求人は症状が重くなり面会ができず、聴取ができない。

 

 

どの案件も大変なことはつきもので、私の元にくる依頼で認定される条件が全て揃っている案件は1つとしてない。

  • 社労士が断った案件
  • 何度申請をしても認定されない案件
  • 仕事をしていることで認定を諦めた案件

どの案件もその先には「認定を諦められない請求人がいる」

 

 

診断書だけが審査対象ではない。そして、診断書に請求人のことが全て書かれているわけではない。

 

申請は、請求人のことをしっかりと示し、審査官が請求人をイメージできるものにしなければならない。

 

診断書だけで完成されるものではない。だから、「申立書」を真剣に作る。

請求人の代理人として作成する「申立書」で、診断書よりも詳細に請求人の病歴・日常生活・就労状況を記し、申請をしています。

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談ください。

(相談料 無料です)

 

 

 


11月 02 2018

障害年金 審査中に「初診日」が「確定診断を受けた日」に変わることがあります。(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2018.11.01(朝焼け)

朝焼けです ♪ 朝6時頃です。

だんだんと寒くなってきました。その分、空気が澄んできたような気がします。

季節の変わり目、体調と心の変調に気を付けたいですね。

 

 

さて、本題です。

障害年金には、申請のスタートを決める「初診日」という日が不可欠です。

 

この「初診日」・・・一般的には、体調などに異変を感じ、人に勧められたり、自分で気づいたりして初めて病院に行った日になります。

 

しかし、「確定診断を受けた日=初診日」となる病気があります。

よく知られているのが、「発達障害」です。

 

「確定診断を受けた日=初診日」が、結構曖昧になる病気があります。

例えば「慢性疲労症候群」「線維筋痛症」「脳髄液減少症」などです。

 

発病から確定診断に至るまでに難解な病歴を辿る病気は、初診日が最初に通院した病院とはならず、病歴の経過を見て「確定診断を受けた日=初診日」になることがあります。

 

この「初診日」の判定は、申請後に審査官などが病歴をみて「初診日を決定する」ので、申請をしてみるまでは「いつが初診日」とは特定できない場合がでてきます。

 

この初診日が変わるときに困るのが、「国民年金の保険料納付要件」です。

自分が初診日と思っていたところでは、国民年金保険料の納付要件は問題なく申請が可能でしたが、初診日を変えられたせいで国民年金保険料の納付要件が足りず、申請ができなくなる可能性が出てきます。

実に恐ろしい話です。

 

もちろん、初診日が変われば、申請書類の訂正・加筆などの整備が必要になります。

 

申請後も、何かと問題が起きることがあるのが障害年金の申請です。

ご自身では対処ができないな。不安だな。と思ったら、専門家に任せた方が安心。ということはあり得ます。

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話やメールでご相談下さい。

(相談料 無料ですよ)


このページの先頭へ戻る

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Menu Open