オフィス アスチルベは障害年金を専門とする社会保険労務士事務所です。名古屋・愛知県地域を拠点としています。

Menu Open

ご相談は何度でも無料! 電話番号0568-62-7778メールでの無料相談・お申込み

着手金 頂いておりません

ブログ

2017年12月

12月 25 2017

「発達障害」の案件が増えてきている

精神疾患で申請が多い病気は「うつ病」。

今も多いのでしょうが、当事務所では「発達障害」の申請が増えてきています。

 

「発達障害」の方は、就労している方が多い。しかし、就労が続かないため、厚生年金加入なったとしても、数カ月ほどで、直ぐに国民年金加入に戻ってしまう。

そして、就労が続かないことに悩み、病院に行き始めたのが、就労を辞めている間の国民年金加入の場合が多いから、初診日が国民年金加入である場合が多く、望める等級が、障害基礎年金2級以上である場合が多い。

 

障害年金2級以上は、「日常生活に支障をきたし、就労ができない」レベルとなっているから、障害基礎年金(2級以上)に認定されるのは、なかなかに大変。

 

ですが、就労しているから障害基礎年金に認定されないわけではない。

就労をしているなら、その就労先の雇用枠が障害者枠か。就労時間は。就労をしている際の状況は。などを考慮されるから。

それでも、なかなかに障害基礎年金に認定されるのは大変なのだが、考慮されるケースもあるから0%じゃない。

 

 

発達障害は、他者とのコミュニケーションが上手くとりにくいことから生ずる生きにくさの場合が多いようにみえます。

 

就労は、コミュニケーションの塊と言っても過言ではないでしょう。

ほとんどの職種で、他者の世話にならざるを得ない。他者が居る以上、コミュニケーション能力が問われます。

 

一概にコミュニケーションと言っても、雑談をする能力だけではありません。

その仕事は「急いでいるのか?」「どのような完成形を望んでいるのか?」などを話し合いの中で瞬時に察して、的確に確認していくことになります。

つまり、「察する能力」や「的確に確認する能力」もコミュニケーション能力に含まれくると思います。

 

  • 察することができないから、言葉の通りに行い、相手を怒らせる。

 

  • 失敗をしないように、迷惑をかけては悪いと思って確認をするが、その確認する回数が多すぎて、相手から「それくらい考えてわかるでしょ。自分でそれくらい判断して欲しい。」と言われる。

 

など本人からしたら、「何故怒られたのか?呆れられたのか?分からない。」なんてこともあると思います。

 

そして、日常生活においては、自分独自のルールや決まり事などが多く、食事の内容や清掃の仕方や整理整頓の場所などの拘り強く、家族以外の理解が得られない場合もあると思います。

外出をすれば、通り慣れた道から外れたら、道に迷うため一人で外出が困難という人もいます。

 

色々な不自由さがあるのに、一見すると普通の人に見えてしまう。

理解が得られにくいので、医師にも本人の状態が上手く伝わっていない方々が多いとように感じます。

 

障害年金の申請を考える上で、最初に大事になるのが、

第一に「初診日はいつか?初診日のカルテなど診療録はあるか?」

第二に「初診日より前日の二ヶ月前の国民年金保険料が、障害年金の申請が可能なほど納付されているか?」

第三に「医師に本人の状態がどの程度、正確に伝わっているか?」

これらを踏まえてから、診断書などの申請準備に入って欲しいです。

 

 

発達障害の方々の就労は、就労先の理解と相性が不可欠。しかし、就労する側の理解が追いつかないのが現実。であるようですから、発達障害の申請は、これからも増えていく傾向にあるのかもしれません。

 

 

 

 


12月 17 2017

「難病」の申立書

「申立書」とは、診断書とは別に本人または代筆者が、請求人の日常生活の状態や病院歴などを書き記す書類です。

 

診断書が兎角、大事、大事と言われていますが、審査において診断書が100%ではありません。

診断書では、イマイチ読み取れない日常生活の状態や不自由なエピソードは、申立書でカバーするしかありません。

 

診断書は、医師が医学的な見地からみた書類。

申立書は、請求人のことをよく知る者が、請求人の日常生活について具体的に書く書類。

 

こう書けば、診断書と「申立書」の役割の異なりが、なんとなくでも分かると思います。

 

統合失調症やうつ病や躁鬱病などの精神疾患や脳出血などによる半身麻痺のような申請は、審査官もよく目にするので、少々分かりにくい表現の「申立書」でも言いたいことをくみ取ってくれることも多いでしょうが、審査官が経験したことのない疾患の場合だと、診断書だけの表現では解りにくく、日常生活の状態を具体的に書いてある「申立書」が大事になってくると思います。

 

その時に、日常生活の不自由さなどが伝わりにくかったら・・・折角、有効なことが書いてあっても、伝達力が弱くなってしまいます。

実に勿体ないです。

 

「難病」と言われる疾患の多くは、日常生活の不自由さの個体差が大きくあります。

診断書からは読み取りにくい日常生活の状態を審査官に効果的に伝えるには、言葉選びが大事になってきます。

 

「申立書」は、請求人のことを一番表した書類でなければなりません。

審査において、とても大事な書類だということを認識して、作成して欲しいです。

 

愛知県、岐阜県・他県からのご相談を随時受け付けております。

 


12月 08 2017

少しでも早い申請を心がけています

障害年金は、「事後重症請求」という現在の障害状態を主に審査する申請があります。

 

「事後重症請求」だけで申請をし、審査の結果、障害年金が受給できるよう認定された場合、「申請をした翌月から支給が開始」されます。

 

例えば、

11月に事後重症請求をして、翌年2月15日に障害年金の初受給を迎えることになったとします。

その場合、翌年2月15日に支給される分は、事後重症請求をした11月の翌月12月からが支給対象月となります。

 

つまり、障害年金の申請は、「月」を基準に考えます。

ですから、11月1日に事後重症請求をしようが、11月30日に事後重症請求をしようが、同じ11月内の申請になりますから、支給開始月は、11月の翌月12月となるのです。

 

月末の申請に間に合いそうなら、なんとか月をまたがずに申請をしたい。

そうすれば、審査の結果、認定されたなら・・・月をまたがなかった一ヶ月分多く受給が可能になる。

 

依頼者様のプラスになるよう少しでも早い申請ができるように心がけています。

 

愛知県、岐阜県・他県からのご相談を随時受け付けております。

 


このページの先頭へ戻る

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Menu Open