オフィス アスチルベは障害年金を専門とする社会保険労務士事務所です。名古屋・愛知県地域を拠点としています。

Menu Open

ご相談は何度でも無料! 電話番号0568-62-7778メールでの無料相談・お申込み

着手金 頂いておりません

お客さまの声

審査請求(不服申立て)、依頼~結果まで  (障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

181002_100228

天気が良いと、花が綺麗に見えます。

秋は太陽が照っても、暑くなり過ぎないから助かりますね。

 

 

さて、本題です。

障害年金には、裁定請求(最初の申請)の結果に不服がある場合は、審査請求(不服申立て)ができます。

 

この審査請求・・・慣れない人が請求をするには、なかなかに分かりにくい制度のようです。

 

 

<審査請求の依頼者様 談>

 

「裁定請求(最初の申請)は、自分で年金事務所に聞きながら何とかしたけど・・・認定日請求が不支給だった。どうしたら良いものか。年金事務所に聞きに行ったら、審査請求を教えられた。でも、審査請求をするにも、何を訴えたらいいのか?解らないんだよね。これ・・・どうしたらいいの?」

 

これは一例ですが、他にも異なる理由で結構多くの方が迷うようです。

 

迷うことはありません。下記のことをすればいいのです。

 

  1. 不支給になった診断書の内容確認が先決。(不支給になった診断書が手元にない場合は、取り寄せる)
  2. 診断書の内容から不支給原因を探り出す。
  3. 不支給になった原因に対抗できる証拠などを見つける。
  4. 証拠をもとに結果の反証。証拠がなければ、診断書の内容から結果の反証。

 

難しいのは、「4の結果の反証」です。

 

現在、1割程度しか審査請求が認められない。と言われることがあるほど、裁定請求(最初の申請)の結果を覆すことは困難。

しかし、100%結果が覆らないわけではない。とも言えます。

 それだけに、自分だけの判断で諦めるのは早計かもしれません。

 

 

[審査請求の工程]

審査請求の準備期間に約1ヶ月

     ↓

審査請求をしてから、約2ヶ月後に結果が分かる

     ↓

・ 結果が覆っていたら、結果が覆ったことが分かってから約2ヶ月後に初受給

・ 結果が棄却されていたら、再審査請求(更なる不服申立て)をするか?を決める

 

 

審査請求は、慣れていないと結果の反証方法が見つからないことがあり得る請求です。

「案ずるより産むがやすし」とでも言いましょうか、相談をしてみて下さい。

 

 

 

いつでもご相談を受け付けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料で相談・無料面談をしております。

(交通費など一切頂きません。ご安心下さい。)

 

まずは、気軽に電話・メールで ご相談下さい。

(相談料 無料ですから)

 

 

 

 

 

 


うつ病「更新申請」、認定 (障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2018.09.25(とても美しい夕暮れ)

秋の夕暮れです。

鱗雲が光に映えて、綺麗ですよ

 

 

さて、本題です。

障害年金には、症状を見直す「更新申請」の制度があります。

 

同じ病気でも人によって、更新申請を迎える年数は異なります。

  • 早い人で1年後に更新申請。
  • 最も遅い人で5年後に更新申請。
  • 症状が今後変わらない。と判断された人は、永久認定により更新申請なし。

 

更新申請があるのか?ないのか?は、結果を見るまでは誰も分かりません。

 

 

今回の更新申請の案件は、「うつ病」。

もっとも申請件数が多い病気の一つです。

 

更新申請に提出する診断書を確認すると、症状が軽快しているように見えます。

しかも、最初の申請のときに書いてもらった病院と異なります。

つまり、診立てが変わっているのです。

 

「一人暮らし・障害者雇用」と、最初の申請の時からは大きく日常生活状態も変わっていました。

※ 最初の申請(裁定請求)のときは、母親と同居・無職でした。

 

さて、どうしたものか?

なぜなら、更新申請は診断書のみで審査が進む。と言われているからです。

 

診断書のみで審査が進むことを何とかしたい!

そこで、添付資料として本人の日常生活状態を詳細に作成しました。

何もしないままでは、障害年金が停止されてしまうかもしれない。それだけは避けたい!

その一心で作成し、診断書と共に添付資料を提出しました。

 

結果は、障害基礎年金2級が更新されました。

しかも、次回更新申請は、今回の更新申請よりも1年間猶予がでました。

 

依頼者様は「本当に安心しました。心配で、心配でした。本当によかったぁ。ありがとうございます。」と嬉嬉とした声を聴かせてくれました。

 

私は、ご期待にそえて一安心と嬉しさで力が抜けました。

 

 

いつでもご相談を受け付けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・羽島市・大垣市など

無料で出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールで ご連絡ください。

(相談料 無料ですから)


「認定された方々からの声」

  • ž  話し易くて、安心した。  
  •  フォローがしっかりとしていて、心強く最後まで申請が出来ました。
  •   最後まで親切でお願いをして良かった。

     (依頼者さま全員より)

 

  • 自分たちで申請したなら、この認定結果は出せなかった。本当に、依頼をして良かった。

      (脳出血と言語障害の請求人とそのご家族より)

 

  •  頼まなければ、申請するところ辿り着くことができなかった。

      しかも、障害年金が受給出来て、生活の目途がたった。 本当に、嬉しい♪

      (双極性障害のご家族より)

 

  • 質問をしたら、直ぐに答えてくれて安心した。プロだと感じた
  • まさか、認定されるとは思っていませんでした。病気が治ったら、車で報告にいきます!
  • 依頼をした甲斐がありました。

     (うつ病の依頼者さまより)

 

  • 話をしていて、救われた気がした。気が軽くなった
  • 今回の申請で、今まで分からなかった複雑な病院歴が解明された。
  • 今回の申請をしていく中で、医師にハッキリとした症状を伝えることができた。おかげで、初めて正しい治療を受ける事ができるようになった。

     (うつ病のご家族より)

  

  • ž 思ったよりも、早く申請が終わった

     (統合失調症の依頼者さまより)

 

  • ご助言、ご支援のおかげで、認定されることができました。家族一同感謝しております。

     (統合失調症のご家族より)

 

  • ž 任せたおかげで、不安なく申請ができた。

     (脳梗塞の依頼者さまより)

 

  • 認定をさせようとする必死さが伝わった。

     (クローン病の依頼者さまより)

  • 最後まで、諦めずに申請をしてくれて、本当に嬉しかった。
  • この病気で、障害年金が申請出来るとは思っていなかった。

    今回、申請ができて良かった。

     (クローン病のご家族より)

  

  • ž  申請中も申請後も、色々相談にのってくれて、不安がやわらいだ。

     (反復性うつ病のご家族より)

 

 

     など、ありがたい お言葉をもらっています。

 

 これからも、

依頼者様の期待に応えられる「障害年金専門の社会保険労務士」で頑張っていきます!

 虹がかかる南の島のイラスト


« 前のページ

このページの先頭へ戻る

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Menu Open