オフィス アスチルベは障害年金を専門とする社会保険労務士事務所です。名古屋・愛知県地域を拠点としています。

Menu Open

ご相談は何度でも無料! 電話番号0568-62-7778メールでの無料相談・お申込み

着手金 頂いておりません

ブログ

障害年金

5月 25 2019

障害年金 A型・B型作業所以外の就労「内職」について(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2019.05.18(犬山 紫 花)

実に艶やかな色彩バランスの花です。

白基調に紫の差し色・・・綺麗ですねぇ

 

 

 

 

さて、本題です。

「障害年金だけの支給では生活できない。だから、仕事ができるようにステップアップがしたい。」と考える受給者さん達がいます。

 

医師や福祉系の方々に相談をすると、障害者雇用で就労することを提案されることが圧倒的に多いと思います。

 

確かに、障害者雇用は賛成です。

ご自身の障害状態に合わせた就労が可能になることが 多い ですから。

 

しかし、一方で外出できない受給者さん達がいます。

この場合は、就労による生活の更なる安定も兼ねて、手足が動かなくならないことを防ぐ「リハビリ」的な要素を考えていることがあります。

 

 

リハビリ的な要素で考えるならば、「内職」という選択もありではないか?と思います。

 

 

「内職」とは、会社から作業時間の管理をされない・ノルマを課されないことがされないことが大前提です。

  1. 会社から作業対象の物(車の部品・花火・シールとビニール袋など)を内職を行う人に直接渡し、内職を行った人は、実際に作業した物を会社に直接渡します。
  2. 作業管理は、会社が内職を行う人に、どれだけ作業対象の物を渡し、お願いをしたか?伝票による管理をし、内職を行う人は、会社にどれだけ作業を行ったという事を伝票に記し、会社にその伝票を渡します。
  3. 工賃管理は、会社と内職を行う人の間で渡される伝票から工賃を計算され、手渡しや振込という形で支払われます。

 

[内職についての注意事項]

「作業対象物」と「伝票」の行き来が会社と内職を行う人の間で成立をしなければなりません。パソコンを使った打ち込み作業をメールなどで期日を決められ依頼され、期日内に完了した作業を依頼された会社に送り返すような作業形態は、「請負」と考えられ、「内職」とは考えられない場合がありますので、注意が必要です。

 

内職は、国が定めた最低賃金が除外され、尚且つ、労災対象者からも除外されています。ですから、作業工賃は決して高くはならない傾向にあります。作業中の事故が発生しても会社は面倒をみてくれないので、自己管理が必要になります。

 

しかし、外に出ていかなくても、手足を動かすのでリハビリになりつつ、生活の足しに繋がる就労形態ではあります。

※ 作業対象物の受け渡しは、本人等が会社に行かなくてはならない場合があるので、そこは内職を始める前に会社に確認しておくことが大事です。

 

 

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 

 


5月 24 2019

障害年金 「母」は最大の支援者であることが多い(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2019.05.11(犬山市 太陽のような花)

太陽のような花です。

パッと花弁を大きく広げ咲く姿も色合いも太陽のような温かさを感じます。

 

 

 

さて、本題です。

障害年金の申請代行させて頂いていて、本人自身が私に症状や病歴を話せない場合があります。

 

そんな場合は、本人をよく知る人と面談し、本人の事を教えてもらいます。

教えてもらった後、初診日を起点に障害年金が申請できるか?確認を年金事務所で私がしてきます。

 

結果、問題なく障害年金の申請ができればいいのですが、教えて頂いた初診日では障害年金の申請が不可能であることが判明することが しばしばあります。

 

その際、本人以上に頑張れるのが、「母」という場合が多いです。

 

 

母になる瞬間は、子供を産み母になるのか?子供が自身の中に宿ったことを知ったときから母になるのか?解りませんが、兎に角、「母は強く、愛情が大きい」と申請準備中に困難が生じたときに感じます。

 

「この子が将来困らないように、今、何とかしておくことが一番大事」

 

この一点への強さが、「障害年金の申請ができないかも?不支給になるかも!?」という困難を突破する鍵になることが多いです。

 

障害年金の申請が困難になったとき、本人の母(依頼者)と今後の申請について相談・解決しながら「母親の強い気持ちと本人への強い愛情」をよく感じています。

 

期待に応えられるよう、常に考え・知恵を蓄え、実践し、申請の結果に納得して頂くことしか、依頼者様たちに報いる方法はないと痛感しています。

 

 

 

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 

 

 

 


5月 22 2019

障害年金 家族会って、どんなところ?(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2019.05.21(南知多 道)  2019.05.21(師崎 海)

愛知県南知多町です。

 

道を突き進むと・・・岬につきます。

岬から先に進もうとすれば、陸を離れ・・・海ですが、道路を辿れば海に出ることはありません。

当然ですね。

 

道路ならば当然ですが、知らないことへの挑戦は岬から海へ飛び出すことと同じ、未知との遭遇です。

怖いに決まっています。

 

一人ならば怖いですが、航海の仕方を知っている人と一緒ならば心強い。

経験者と一緒ならば、不安は減ります。

 

人は、誰でも一人では生きていけない。万能な人は、一人もいない。

知っている人が、知らない人に教えて、前に進むもの。

 

 

「家族会」は、病気になってしまった人のご家族が、これから立ち向かう現実を、既に知っている人から学ぶことができる場所。

 

 

途方に暮れているところに、光明をもたらす・・・かもしれない。

情報を得て、支援者を知り、不安を減らす方法を実践できる・・・かもしれない。

 

一緒に居る・暮らす人はいるけど、孤独を感じるならば、同じ境遇の仲間を頼れば良い。

既に経験をして、知っている人は、必ずいるものです。

 

孤独は、何も一人でいるから感じる訳ではないですよ。

孤独は、理解されないから一人を感じるのだ思います。

 

 

支えていく者が一人を感じない環境を作り、どうやって支えていけば良いのか?

 

知っている人から、学ぶ場が「家族会」です。

 

 

私は、支援者の立場から家族会に参加させてもらっています。

家族会に参加している方々は、「様々な事情と理解の乏しさ故の孤独」などを日々乗り越えて、その乗り越えてきた経験・方法を伝え、安心を与える人生の先輩たちです。

話を聴いてみる価値はありますよ。参考にして下さい。

 

 

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 

 

 

 


5月 20 2019

障害年金 助けてくれる人がいないと不安になる・・・かもしれない(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2019.05.19(バラ 空1)   2019.05.19(バラ オレンジ)

岐阜県可児市にある「花フェスタ」のバラです。

今、見頃ですよ ♪

空に向かって大きく花を咲かせていますよ。

見上げると気分がよくなります。

 

 

 

さて、本題です。

「障害年金の申請をしよう!」と思って、年金事務所や市・区・町役所に出掛けて申請の準備をしてみたけど・・・

  • 果たして、これで上手くいくのだろうか?
  • 申立書って、何をどう書けば良いのだろうか?
  • 何度説明を聴いても、理解できない。申請を諦めてしまおうか?

 

色々と、不安がよぎる・・・人が多い・・・かもしれません。

 

そう。「一人で申請を行う」ということは、申請の本当のところを教えてくれる人がいない場合が多い。

だから、不安になり、申請準備中に体調を崩したりしてしまうことが起きる。

 

頑張れば、結果が必ず伴うものではないのが、障害年金の申請です。

結構、非情な結果がでることがあります。

 

「知っていたら、もっとこうしていたのに・・・」なんて、結果が出た後に思っても”後の祭り”になることは多い。

 

知らないから、困ることになるのです。

困ることを減らしたければ、聴くしかありません。

聴いて、理解をするしかありません。

 

理解をした上で、自分一人では申請ができない!と思えば、依頼をすれば良いのですよ。

「相談=依頼」なんて考えなくても良いのです。

 

まずは、困ることを減らすようにしてみましょう!

 

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 

 

 


5月 17 2019

障害年金 面談は相談者に合わせてます(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2019.05.04(犬山市 矢車草2)

矢車草です。

名古屋市でも、岐阜市でも、どこでも沿道に咲いている美しく生命力が強い花です。

「雑草」と一言でいっても、色々な種類があります。

人に知られていないだけで、「雑草」と一言済まされてしまうのは、悲しいでしょうねぇ。

見てあげて欲しいな。と思いますよ。

 

 

 

さて、本題です。

障害年金の申請をする前に、面談をしています。

 

理由は、あなたの記憶の中にしかない情報が申請に必要だから教えて欲しいのです。

この情報がないと、障害年金の申立書という本人または代理人が書く書類が完成させることができません。

だから、知りたいのです。

 

知りたい情報とは・・・

  • 初診日をはじめとする病院歴
  • 発育歴(発達障害・知的障害・先天性の疾患のみ必要)
  • 日常生活状態について

 

これらの情報は、請求人また請求人の関係者しか知り得ない事実です。

 

請求人自身は、人に会えない。話すことが苦手。言葉がすぐに出てこない。などの理由で、私と会えないことがあります。

そんなときは、請求人の関係者が、請求人の代わりに会って話を聴かせてくれればいいです。

 

請求人の関係者でも知り得ない事実は、ご本人から聴くことになりますが、その場合はご本人の状態に合わせて、相談の上、聴取しています。

 

 

面談する場所も、ご本人が安心して会える場所と時間を尊重しています。

理由は、聴取に際して、心的ストレスがかかるためです。

 

申請のためとは言え、人にご自身の話をするのです。

ストレスがかからないはずがありませんから。

 

一度で聞き取れないなら、日をおいて、聴きとることもしています。

体調が悪くなる前に面談を終えることは大事ですから。

 

あなたの申請が上手くいき、期待にそえるには?を常に考えて申請をしています。

 

 

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 

 

 

 

 

 

 


5月 14 2019

障害年金 双極性障害(躁鬱病)2級認定決定(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

 2019.05.12(東濃地方 田んぼ)  2019.05.12(東濃地方 林間)

岐阜県 林間の初夏の景色です。

涼し気ですよね。

無理は禁物。

季節の変わり目は、心身の調子を崩しやすいですからね。

 

 

さて、本題です。

「双極性障害(躁鬱病)」のご依頼を受けてから、一年以上かけて障害厚生年金2級の認定が決定しました。

 

こんなに時間が掛かった理由は、「診断書」が原因でした。

 

診断書の記載依頼を本人が医師にお願いしたところ、医師が「あなたは、障害年金の対象の病気ではない。パーソナリティー障害だから」と言われ、診断書記載を拒否されてしまいました。

 

ご本人は、当惑はしました。

何故なら、医師からずっと「双極性障害(躁鬱病)」と言われていたからです。

 

このことを境に、ご本人は医師を信じられなくなってしまいました。

 

そこで、転院をすることにしたのです。

転院をすれば、新たな医師に症状を伝え直し、診察を受け続ける必要があります。

 

転院し、診察を受ける期間の分、申請が遅くなりました。

しかし、新たな医師は、ご本人の話をよく聴き、理解をしてくれました。

その甲斐あって、診断書の内容は、ご本人のことをよく表したものになりました。

 

 

この事例は「急がば回れ」ということの実体験です。

気持ちばかり焦り、怒っても、結果は伴いません。

むしろ、期待する結果を先延ばしするだけになり、困る期間が長くなる恐れが大きいです。

医師と言えど、人です。

人である以上、性格によって判断は変わります。

 

 

焦り、怒っても良い結果にならないのは、何も障害年金の結果ばかりではありません。

 

 

相手が人である以上、自分の思い通りにはならないことを理解しておく必要があります。

 

 

問題は、「怒らず」「焦らず」次なる方策を考えることです。

 

 

今回の結果で、依頼者様は「もっと早くに転院をしていればよかった。」と仰っていましたが、一人の判断では解らないことがあります。

依頼者様が一時の感情で物事を決め、不利益が被らないように、冷静に対応していけるために私がいます。

 

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


5月 13 2019

障害年金 ネットと本の情報って、どこまで本当!?(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

190512_121813 190512_122404

岐阜県多治見市にある「モザイクタイルミュージアム」です。

表は壮観ですが・・・横からは奥行きがない!?

だまし絵のようだな・・・と感想を持ちました。

何でも、多方面から見ないと分からないものですね。

 

 

 

さて、本題です。

ネットや本など障害年金にまつわる情報はたくさん出回っています。

 

あなたは、何を信じますか?

 

活字というのは、怖いものです。

口頭で説明されるよりも、活字にされて説明された方が信憑性が増してみえます。

 

学生時代に教科書で学んだ影響から感じてしまうのでしょうかねぇ?

 

 

障害年金の申請は、あなたの半生を書き綴るものです。

「あなた」という人は、この世に一人です。代わりはいません。

つまり、あなたの人生に代わりはいません。

 

ネットや本に書かれていることは、制度の説明とモデルケースのみです。

だから、万人がネットや本の情報通りに申請は進まないし、結果も情報に書かれた通りにならないことが多いのです。

 

ネットと本に書かれていることは、「障害年金にまつわる説明」が本当。

その他のことは、本当のこともあれば、本当ではないこともある。

 

例えば、

  • 診断書を書いてもらおうと思ったが、医師から「書かない」と言われた。
  • 自分としては、この日を初診日にしたいが、この初診日では申請ができない。と言われた。

 

こんな例のような事態になったら・・・

「なぜ、こんなことになったのだろう? ネットにも本にも具体的な対応策は書いてない。考えたけど、この対応策で良いのか?」と困るでしょう。

 

情報は、どこまでいっても情報でしかありません。

あなたが、この世に一人しかいないように、あなたの申請もこの世に一つだけのオーダーメイドなのですよ。

 

情報に振り回されないようにして下さい。

迷ったら、すぐに相談をして疑問を解消して欲しいです。

 

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 

 

 


5月 09 2019

障害年金 診断書を書いてもらえないとき(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2019.05.04(犬山 紫の花)

花が沢山咲き始めましたねぇ ♪

文字通り「華やかな季節」ですね。

 

 

 

さて、本題です。

障害年金の申請には、診断書が必須の申請書類です。

 

診断書の内容を診て、障害状態を精査していくのですから、外せない申請物です。

 

外せない申請物「診断書」を医師が書いてくれない場合があります。

途方に暮れてしまいますよね。

 

こんなときどうするか?

選択肢は二者択一です。

 

  1. 今の病院にこだわり、医師に診断書を書いてもらえるようお願いする。
  2. 今の病院で診断書記載を諦め、新たな病院を探す。

 

この何れかです。

 

「1」の場合、医師が請求人の症状では認定が無理。と考えている場合が主です。ですから、症状を伝え直すことが必要となります。

でも、医師が自身の判断に絶対の自信を持っている場合は、患者の主張に聞く耳を持ってくれない場合がありました。

 

「2」の場合、転院をするわけですが、転院先で数カ月症状を伝え続ける必要があります。ある程度の診察期間がないと、転院先の医師は、請求人の症状を客観的に診ることができません。

転院先の医師は、診断書は書いてくれるかもしれませんが、認定に値する診断書を書いてくれるか?は、診断書が書き上がり内容を見るまでは分りません。これは理解して、転院をする必要があります。

 

「1」の場合も「2」の場合も、デメリットが伴います。

 

 

申請途中でつまずくのは、何故でしょうか?

それは、障害年金の申請は、他人を介して申請準備をしなくてはいけないからです。

言い換えれば、他人があなたの症状を判断するので、あなたの思い通りにはならないのです。

 

あなたの症状が重いと本人が思っても、多くの患者を診てきた医師からみれば、あなたの症状は重くみえない・・・のかもしれません。

 

ここが、障害年金の認定の難しさの一つの側面です。

 

あなたの症状を伝えるという作業は、実は難しいことです。

どのように伝えたら、医師に伝わっていくのか?一筋縄ではいきません。

 

医師も人です。

「書きたくない」と思えば、無理やり診断書を書いてもらっても、良い内容にはなっていない・・・ことが多いでしょう。

 

無理強いをしても良いことはありません。

診断書を書いてもらえない場合は、考え方を変える必要があります。

 

参考して頂けると幸いです。

 

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 

 

 

 


5月 06 2019

障害年金 明日からまた審査が動きだす(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2019.05.02(滋賀県竜王町 大麦)

この穂・・・稲ではないです。

大麦です。

似ているようで、実は異なるものだったりします。

同じ病気でも人が異なれば、日常生活で出来る事・出来ない事は異なります。

人と異なることが当たり前、それを審査官に解ってもらうことが、あなたひとりひとりのための障害年金の申請です。

 

 

 

さて、本題です。

長い休みが終わり、明日から審査が動きだしますね。

 

今週末くらいから結果を知らす通知が届きだすでしょうね。

 

障害年金の申請の結果が、良い結果なら良いですが、悪い結果だと困ってしまいますね。

 

悪い結果が届いたなら、まずは落ち着くことです。

  1. 通知文をしっかり読んで下さい。不服があれば、不服を申し立てることができる請求が可能。と書いてあります。
  2. 文を読み、「不服申立て(審査請求)」をするならば、申請をした「診断書」を用意して下さい。
  3. 診断書を用意したら、不服を申立てる根拠を見つけ出し、不服の申し立ての文章を考えます。
  4. 不服申立てをする地方厚生局(愛知と岐阜ならば「東海北陸厚生局」)に請求します。

 

ただ、この「不服申立て」・・・不服を言えば、100%認められるなんてことは、当然ありません。

不服とする理由が、障害認定基準に合致していないと、例えどんなに生活が困窮していようとも認められることはありません。

 

 認定基準に合致してこその障害年金 認定です。

そこに福祉的な要素はありません。

障害年金は、法律で定められた国の保険。簡単に物事が進みません。

 

迷ったら、相談をした方が解決が早いと思います。

落ち着いて対処してきましょう!

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)


5月 04 2019

障害年金 「難病」と言われる病気の申請で、最初に考えること(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2019.05.04(犬山城)

犬山城です。

木曽川から見た眺めです。

よく晴れているので、お城も木々と河の色が鮮明です。

少し外に出るだけでも気分転換になります ♪

 

 

さて、本題です。

「難病」と言われている病気の方の障害年金の申請で、最初に考えるのは他の病気でも同じですが「初診日」です。

 

なぜ、「初診日」を最初に考えるのか?日常生活状態を最初に考えなくて良いのか?

 

「初診日」は、障害年金申請をし、認定された場合に、どこから障害年金の支給を始めたら良いか?を決める日です。

つまり、「始まりの日」です。

 

「始まり」を決めないと、審査官は「いつから支給を開始してよいか?」解りませんからね。

 

「難病」の疾患は、いきなり現在の診断名を告げられることはない。と思います。

複数の病院で診察・検査などを受けていることが多いです。

 

そして、診察等を受けた病院ごとに、診断名が異なることがあります。

 

こうなると、「どこを初診日として考えたら良いのか?判断ができない。」となってしまいます。

 

そう。「難病」の方の初診日の確定は、他の病気よりも少し難しいです。

体調に異常を感じてから、通院を重ねた経緯を聴き、障害年金の制度に照らし合わせて「初診日」を決めていく必要があります。

 

迷ったら、相談して下さい。

きっと解決しますよ。

 

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 

 

 


次のページ »

このページの先頭へ戻る

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Menu Open