オフィス アスチルベは障害年金を専門とする社会保険労務士事務所です。名古屋・愛知県地域を拠点としています。

Menu Open

ご相談は何度でも無料! 電話番号0568-62-7778メールでの無料相談・お申込み

着手金 頂いておりません

ブログ

7月 12 2019

障害年金 申請をするなら早い方が良い理由(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

8:41 PM 障害年金

dummyTitle__

見事な野草です。

野草を探すなら、下を向くしかありません。

上を向いているばかりでは疲れます。

時には下を向いたら、普段気付けないものがある・・・かもしれない。

 

 

 

さて、本題です。

「思い立ったが吉日」という言があります。

 

障害年金の申請は、まさにその通りです。

 

障害年金の申請には「初診日証明」が必要になります。

証明は、カルテや通院記録の病院の証明(診療録)が一番です。

 

病院の診療録は、5年の保存義務しかありません。

つまり、5年経てば棄てても良いのです。

 

だから、申請しよう!と思ってから、初診日が5年以上前であれば、診療録が残っていない可能性が高くなります。

これは困ります。

現在の症状が軽いから認定されない。というよりも困ります。

 

「初診日の証明がない。」ということは、障害年金申請の起点日が明確ではなくなります。

それは「障害年金の起点日が明確ではない」という理由で、永遠に認定されない可能性が出てくるのです。

 

障害年金の申請は時間との勝負の側面があります。

申請しよう!と考えたなら、行動に移すことをお勧めします。

 

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 


このページの先頭へ戻る

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Menu Open