オフィス アスチルベは障害年金を専門とする社会保険労務士事務所です。名古屋・愛知県地域を拠点としています。

Menu Open

ご相談は何度でも無料! 電話番号0568-62-7778メールでの無料相談・お申込み

着手金 頂いておりません

ブログ

6月 26 2019

障害年金 申請前に診断書の最終チェック!(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

11:10 PM 障害年金

dummyTitle__

愛知県稲沢市で咲いてる「オレンジの花」

天気が良い日に鮮やかなオレンジ色は似あいますねぇ。

 

 

 

さて、本題です。

障害年金の申請には、「診断書」などの病院関連書類と本人または代筆者が書く「申立書」が必要になります。

 

どちらも大事な診査対象書類です。

 

今日は「診断書」について話します。

 

診断書で大事なるのは、兎角、日常生活能力についての項目だと思いがちですが、初診日をはじめとする病院歴に気を配りたいです

 

特に、初診日を確定しきれない人の申請は、病院歴に注意したいです。

診断書の中に「初診日」を記す項目があります。

 

その「初診日」は、ご自身が申請を申請しようとしている初診の日付になっていますか?

 

そして、初診日の日付の証明は、

  • カルテなどの「診療録で確認」と示されていますか?
  • 「本人の申し立て」で示されていますか?

 

「本人の申し立て」を選択されているなら、それは「本人が、この日付が初診日と言っている。カルテなどの診療録で確認したわけではない。」と医師は言っています。

 

本人が言っているだけで、診断書を記載した医師のカルテなどで確認した初診日ではありませんから、審査官は「本当に、この日が初診日なのか?」と疑いたくなります。

 

重箱の隅をつつくような話ですが、大事なことです。

なるべく疑いようがないように書類を整備して申請をしなければ、期待している結果にならない・・・かもしれません。

 

申請前の診断書の確認、大事ですよ。

 

 

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 


このページの先頭へ戻る

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Menu Open