オフィス アスチルベは障害年金を専門とする社会保険労務士事務所です。名古屋・愛知県地域を拠点としています。

Menu Open

ご相談は何度でも無料! 電話番号0568-62-7778メールでの無料相談・お申込み

着手金 頂いておりません

ブログ

4月 25 2019

障害年金 事例「双極性障害(躁鬱病)2級更新決定」からみる更新申請で気を付けること(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

8:40 AM 障害年金

 2019.04.24(名古屋市北区 ツツジ ピンク)  2019.04.24(名古屋市北区 ツツジ 赤色)

名古屋市中区で咲いている「ツツジ」です。

雨に濡れて、瑞々しいですよ ♪

 

 

 

さて、本題です。

平成31年1月に「双極性障害(躁鬱病)」の方の更新申請をし、ようやく「障害厚生年金2級更新」が決定されました。

ご本人を含めご家族は、一安心をしておられました。

 

更新申請は、ドキドキするものです。

特に、前回の申請の時と状況が変わっているならば尚更です。

 

 

この「双極性障害」の方は、前回の申請から大きく状況が変わっていました。

  1. 地元に居るとフラッシュバックが起きるので、遠く地元から離れ、妻と別居し、単身で生活をするようになっていた。
  2. 地元から離れたので、病院を変わっていた。
  3. 単身で生活をしていたので「日常生活は一人でできている」と転院先の医師に思われる可能性が出てきた。

 

 

この1~3の状況変化により、今回の更新申請で「2級更新がされるのか!?」 微妙なところになりました。

 

 

そこで・・・下記1~3に気を付けて更新申請をしました。

  1. なぜ、単身で地元から離れる必要があったのか?
  2. 単身での日常生活は、どの程度出来ているのか?
  3. 単身生活は、今後も続くのか?

 

結果、障害厚生年金2級 更新が決定されました。

しかも、次回の更新時期が「1年後→3年後」に延びる結果になりました。

 

 

このように、前回の申請から状況が変わっているならば・・・「更新申請前に何に気を付ける必要があるのか?」を明確にし、申請準備に取り組む必要があります。

 

一度、決定が下ってからの不服申立てによる等級変更は大変です。

ですから、ご自身等で迷ったら、専門家に相談をして欲しいと思います。

 

 

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 


このページの先頭へ戻る

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Menu Open