オフィス アスチルベは障害年金を専門とする社会保険労務士事務所です。名古屋・愛知県地域を拠点としています。

Menu Open

ご相談は何度でも無料! 電話番号0568-62-7778メールでの無料相談・お申込み

着手金 頂いておりません

ブログ

4月 07 2019

障害年金 申請時 必須な「日付」に関しての知識(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

8:39 AM 障害年金

2019.04.06(犬山 桜並木)

愛知県犬山市の並木です。

今が、満開です ♪

 

 

 

さて、本題です。

障害年金は、日付を重要視する制度です。

 

「初診日」・「認定日」・「現症日」

この3つの日付は、いずれも審査において大きな意味があります。

 

 

「初診日」は、最初に病院に行った時の加入年金制度を決定し、障害(基礎 or 厚生 or 共済)年金のどの制度に加入していたか?によって、申請先や支給される額が変わってきます。

 

 

「認定日」は、初診日から一年六ヶ月経った日で、一度 障害状態を確認し、診断書を書いてもらい、審査をします。「遡って支給される可能性がある」のは、この「認定日」で認定基準を満たしていた場合です。

 

 

「現症日」は、診断書に記載された下記の日の障害状態で審査が行われる日のことです。

  • 認定日請求をした場合は、初診日から一年六ヶ月立った日~3ヶ月以内の受診日
  • 事後重症(現在)請求の場合は、請求日から3ヶ月以内に受診した日

※ 認定日請求と事後重症請求で、「現症日」が変わります。

 

 

これらの日付で、カルテや通院録などの診療録がないと申請に大きな支障をきたすことがあります。

 

障害年金の申請は、日付を明らかにし、その日付の時の障害状態等を示していく申請なのです。

 

障害年金に必要な日付などが解らない。という方は多いです。

解らなければ、説明をし、あなたの申請に必要な日付を一緒に探すお手伝いをしています。

 

 

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)


このページの先頭へ戻る

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Menu Open