オフィス アスチルベは障害年金を専門とする社会保険労務士事務所です。名古屋・愛知県地域を拠点としています。

Menu Open

ご相談は何度でも無料! 電話番号0568-62-7778メールでの無料相談・お申込み

着手金 頂いておりません

お客さまの声

2月 16 2019

障害年金 市・区・町役所の「申請できない」は、アテにならない(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2019.02.11(名古屋港水族館 クラゲ)

漂っているように見える「クラゲ」ですが・・・生きるために触手を動かし、獲物を探して食べてます。

必死さが表に出ないどころか、漂い方に優雅ささえ感じるクラゲ。

脱帽です。

 

 

さて、本題です。

相談の中で「役所で、初診日が特定できないから申請できない。と言われ続けていた。」とか「役所で、国民年金保険料を支払っていないから、申請ができないと言われた。」と言われる方がいます。

 

役所での人が言うことだから、制度のことに関しては間違いない!と思う人が多いようです。

それは、誤りの認識です。

役所の人は、障害年金に詳しくない人が多いです。

 

あなたが会う役所の人は、窓口の人です。

つまり、年金の手続き書類に不備がないか?を確認し、書類を受け取るだけの人です。

そんな人が、障害年金の制度にかなり詳しいと思いますか!?

理解していることは、障害年金の初歩中の初歩のことでしょう。

 

実際、当事務所で必死に調べ直したら、「初診日が特定できた。または、初診日が見つかった。」とか、きちんと年金保険料の納付状況を調べ直したら、「申請が可能だった。」という事例は、いくつもあります。

 

つまり、役所の人が言う「障害年金が申請できない」は、アテにならないのです

 

本当に、申請ができないのか? 確認をし直した方が良いです

 

障害年金は、生活の一助になる制度です。

簡単に判断をして、諦めてはいけないと思います。

 

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 


このページの先頭へ戻る

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Menu Open