オフィス アスチルベは障害年金を専門とする社会保険労務士事務所です。名古屋・愛知県地域を拠点としています。

Menu Open

ご相談は何度でも無料! 電話番号0568-62-7778メールでの無料相談・お申込み

着手金 頂いておりません

お客さまの声

12月 09 2018

障害年金 更新申請までに思うこと(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2018.11.21(犬山 サギ)

寒くなってきましたね。

鳥の足は、冷たさを感じないように出来ている。と聞いたことがあります。

生きるための進化を感じますよ。

生きるために、人も鳥も必死です。

 

 

さて、本題です。

障害年金は、支給開始されたら、それで終わりではありません。

支給開始は、次の更新申請の始まりです。

 

更新申請は、1年~5年の間で、障害状態を再確認し、等級変更について審査を行う制度です。

 

この更新申請を迎える頃になると・・・大抵の障害年金受給者は「私は、また更新されるのだろうか?」と思うようです。

そして、日々の中では、ふと「自分は障害年金をもらい続けることはできるのだろうか?」と頭をよぎり、誰かに確かめたくなることがあるようです。

 

 

この疑問・・・さぁ、誰に聞きましょう。

年金事務所でしょうか? 市役所でしょうか? 医師でしょうか?

 

 

ご自身で障害年金の申請をされた方は、障害年金の認定要件の観点からご自身が前回申請した障害状態を記憶しておいてくれる人がいないことが多いです。

つまり、前回の申請した障害状態と今の障害状態を障害年金の認定要件目線で比較してくれるプロがいないとも言えます。

 

故に、不安がつのることがでてくるかもしれません。

 

人は、それほど強くはないと思います。

常に不安に打ち勝てる人は多くないでしょう。

大抵は、不安な事があると、その不安な事が過ぎるまでは気になるものです。

 

次回の更新申請が、今から数年後、数カ月後ならば・・・その不安は数年~数カ月続くことになるかもしれません。

 

障害年金など制度のことは聞ける相手を見つけておくと、比較的安心を得られやすいと思います。

あなたの障害状態を障害年金の観点で判断してくれる相手を探しておくと、精神衛生上良いと思います。

 

 

いつでもご相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Menu Open