オフィス アスチルベは障害年金を専門とする社会保険労務士事務所です。名古屋・愛知県地域を拠点としています。

Menu Open

ご相談は何度でも無料! 電話番号0568-62-7778メールでの無料相談・お申込み

着手金 頂いておりません

ブログ

11月 12 2018

障害年金が申請できなくなる場合(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

 2018.11.05(雲の間に光)

雲が立ち込めても、光が射し込む隙間はある。

空は、一日として同じ模様はない。一期一会の出会いなんですよねぇ

 

 

さて、本題です。

 

障害年金を申請するには、老齢年金が支給されていないことが条件になります

 

老齢年金とは、何ぞや?と思う方がいると思います。

老齢年金とは、一般的に65歳から支給される国民年金や厚生年金のことです。

 

「一般的に」と書いたのは、「65歳から支給される老齢年金」 を 「65歳より前から支給開始してしまおう!」 という制度があるからです。

この65歳より前から支給開始させる老齢年金のことを「繰り上げ」と言います。

※ 60歳~64歳まで支給される老齢厚生年金の特例とは異なります。

 

この「繰り上げ」をしてしまうと、65歳から支給開始される老齢年金を早くもらう意志を示したことになります。

つまり、65歳より前から老齢年金を支給されていることになります。

 

すると・・・本来は65歳より前ならば障害年金の申請が可能だったのに、65歳より前に老齢年金の繰り上げをしてしまっているので、65歳より前から老齢年金が支給されていることになり、障害年金の申請ができなくなります

※ 障害年金の初診日が「老齢年金の繰り上げ」支給開始前を除く

 

 

「老齢年金の繰り上げ」に踏み切る前に、病気があるならば、障害年金のことも考慮に入れて考え直すことをお勧めします

 

 

いつでもご相談受けています。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に 電話メール ご相談下さい。

(相談料 無料です)

 

 

 

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Menu Open