オフィス アスチルベは障害年金を専門とする社会保険労務士事務所です。名古屋・愛知県地域を拠点としています。

Menu Open

ご相談は何度でも無料! 電話番号0568-62-7778メールでの無料相談・お申込み

着手金 頂いておりません

お客さまの声

10月 23 2018

障害年金の申請前・支給後も大丈夫、働ける方は働いて下さい(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

181020_113545

岐阜県関市に行きました。

この写真は、関市の「板取川上流」です。

上流には、渓谷があります。水は澄み切り、透明度が高いです。

とても美しい自然が残る地域です。

自然の力は岩をも砕く、そして、水の通り道を長年かけて作る。

難しい案件でも、申請する方法を考えれば、通り道が拓けるかもしれない。

 

 

さて、本題です。

障害年金の申請をする上で、「仕事をしているから障害年金はもらえないよ。と役所や医師に言われました。本当に働いていると、障害年金はもらえないのでしょうか?」と、質問をされる方々がいます。

 

家庭の事情で、仕事をせざるを得ない方々は多い。

  • 「配偶者の稼ぎだけでは足りない」「一人親で、私しか働き手がいない」だから、病気があっても働かないと生きていけない。
  •  働かないと、ダメになる気がする。だから、無理をしてでも働いている。

 

病気を持っていて、心身が辛くても、働かなければいけない理由があることは、今までの多くの依頼者様から教えてもらっています。

「働いても、収入が少ない。これから先のことを考えると、いつ働けなくなるか分からない。だから、障害年金がもらえるなら、何とかして申請をして、支給されたい。そして、支給されても、将来が不安だから働ける間は働きたいです。」

そいう考えの方々は多い。

 

働いて下さい。

そして、障害年金が支給されても働ける間は働いて下さい。

 

障害年金は、働いていることが理由で、支給されない制度ではありません。

支給されない理由は・・・

  •  障害状態が軽いから
  •  障害年金の制度に則った一定期間 国民年金保険料を納付していないから
  •  障害年金の制度上、請求している初診日で認めるわけにはいかないから
  •  病院に行っていないから。

これくらいなものです。

 

就労をしていると、障害年金が支給されない。と言われる所以は・・・

  •  就労ができるならば、ある程度日常生活もできているのではないか?と思えるから。

 

でも、実際は、就労は生きるために何とかしていても、日常生活がきちんと出来ない人は多い。

 

 

生きるために働いて下さい。そして、日常生活に支障がでているなら、障害年金も受けてください。

申請があり、審査があるので、100%支給させます。という約束はできません。すみません。

でも、就労をしている依頼者様のご期待に応えて、障害年金の認定を得てきた経験と知恵を絞り、障害年金認定を目指し、全力であなたに尽力します。

 

 

 

いつでもご相談を受けつけております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・多治見市・土岐市・羽島市・大垣市など

無料で出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールで ご相談下さい。

(相談料 無料ですから) 

 

 


このページの先頭へ戻る

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Menu Open