オフィス アスチルベは障害年金を専門とする社会保険労務士事務所です。名古屋・愛知県地域を拠点としています。

ご相談は何度でも無料! 電話番号0568-62-7778メールでの無料相談・お申込み

ブログ

3月 23 2018

双極性障害(躁鬱病)の案件 障害基礎年金2級認定

10:31 PM 障害年金

一度、ご自身で申請をされたのですが・・・不支給になってしまいました。

 

障害年金の申請は、何度でも可能です。一度きりの申請はではありません。

ただ、一度 不支給になったのなら、その不支給になった理由を知り、不支給理由をクリアしてから再度申請をした方が無難です。

 

この方も同じです。

不支給になった理由をクリアするために、不支給理由をハッキリとさせないといけません。

 

この方は、一人暮らし。

本当は家事ができないのですが、ヘルパーなどをお願いしていませんでした。

診断書には、当然に「一人暮らし、ヘルパー等なし」と記載されてしまいます。

 

そうなると・・・審査官は、その診断書の内容から「あぁ、この人は障害はあるけど・・・日常生活は何とか出来ているのだろうな」と思うでしょう。

そうなれば、実際の日常生活状態を誤解されたままになり、2級の認定はなかなかに遠のいてしまうでしょう。

 

だから、不支給理由ををクリアしてから、申請をし直しました。

すると・・・障害基礎年金2級が認定されました。

依頼者様は、「今回、認定されてホッとしました。」と安堵されていました。

本当に良かったです。

 

障害年金の申請は、書面の内容から請求人の障害状態を審査しますから、診断書の内容だけでは足りないことが出てきます。

申請前に今の日常生活状態を見直すことも大事ですし、ご本人の状態を詳細に書き記すことができる「申立書」の内容もポイントになります。

 

愛知県、岐阜県・他県からのご相談を随時受け付けております。

 


このページの先頭へ戻る