オフィス アスチルベは障害年金を専門とする社会保険労務士事務所です。名古屋・愛知県地域を拠点としています。

Menu Open

ご相談は何度でも無料! 電話番号0568-62-7778メールでの無料相談・お申込み

着手金 頂いておりません

ブログ

4月 29 2014

厚生/国民年金 「死亡月分の年金請求者の拡大」のH26.4.1より改正

あまり知られていないかもしれない、この制度。

普通、受給者が死亡したら、遺族年金を想像しますからね。

それとは別の制度です。

 

この制度は、「年金受給者が死亡した場合、死亡月分の年金について、受取人がいなくなるため、その受給者と生計を同じくする親族が代わりに死亡月分の年金を受け取る制度」です。

 

平たく言えば、

「受給者の死亡月分の年金を、生計を同じくしていた親族が代わり受け取る制度」です。

 

しかし、この制度の「代わりに受け取ることが可能な親族」には一定の範囲があります。

今回の制度改正は、ここに変更があります。

 

[平成26年3月31日まで(変更前)]

生計を同じくしていた

「配偶者/子/父母/孫/祖父母/兄弟姉妹」

 

[平成26年4月1日より(変更後)]

生計を同じくしていた

「配偶者/子/父母/孫/祖父母/兄弟姉妹/

甥・姪/子の配偶者/叔父・叔母/曾孫・曾祖父/左記の者の配偶子

と、この緑字の親族が追加されました。

 

覚えておいて下さいね。

 

 

 


このページの先頭へ戻る

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Menu Open