オフィス アスチルベは障害年金を専門とする社会保険労務士事務所です。名古屋・愛知県地域を拠点としています。

Menu Open

ご相談は何度でも無料! 電話番号0568-62-7778メールでの無料相談・お申込み

着手金 頂いておりません

ブログ

6月 01 2020

障害年金 申請は「パズルを完成させるが如し」(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2020.05.26(背の高い紫の花 UP)

花をアップで撮りました。

不思議な感じがしませんか?見方を変えると、受ける印象が異なりますよ。

 

 

 

障害年金の申請は、人それぞれに異なります。

最初、相談を頂いたときには、結果がどうなるか?解らないことが多いです。

 

だから、面談をして、詳しく請求人の話を聴きます。

すると、どんな手順で、申請をしていけば、期待された結果に近づくのか?見えてきます。

これは、「完成された図柄が見えてくる」という感じです。

 

ピースは、請求人の人生です。

人生を聴けば、病院歴や発育歴が見えてきます。

1つ1つが、結果に結びつくピースになります。

一つでも足りなければ、完成しません。

だから、丁寧に聞き取りをしていきます。

 

病院歴や発育歴は、完成の図柄の背景。

主役は、請求人の日常生活状態や就労状況です。

 

病院歴と発育歴を背景に、現在の状態がどうなったのか?

そして、「誰の世話になっているのか?」「将来の生活状況は、どうなっていく見通しなのか?」

これらを具体的にしていきます。

 

申請が最終段階に入るころには、パズルの全体像は完成された図柄になってきています。

 

障害年金の申請は、申請を通して、請求人の人生を垣間見ます。

人生は、言葉で言えば「一言」ですが、実に様々な生き方があることを知ります。

一人のヒトの生き様は、峻烈なものです。

 

パズルは遠くから見るから、図柄が浮かび上がる。

自分のことは、自分では解らないものです。

 

申請を考えていて、困っているなら相談して下さい。

 

 

いつでも障害年金の相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・海津市・大垣市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・土岐市・多治見市・中津川市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)


5月 27 2020

障害年金 難しい案件って、どんな案件?(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2020.05.25(自宅 スミレ 黒紫)    2020.05.26(自宅 スミレ 白と黄色9

緊急事態宣言が解かれて、少しずつ外出がし易くなっていきますね。

買い物に出掛けるのも良いですが、自然を観に行くのも心に栄養が補われて良いと思いますよ。

 

 

 

障害年金の申請の1つ1つの案件で、「認定の鍵」となるところは異なります。

 

「初診日が認められるか?」「症状が事実通りに審査されるか?」など、気を付けつつ申請を進めないといけない「認定の鍵」を握るところが必ずあります。

 

何も気にしなくても申請が完了し、認定される案件は、私のところに依頼されることはありません。

 

そんな案件の中でも、特に「難しい」と思う案件はあります。

それは、「初診日で、納付要件が足りず申請ができない」という案件です。

 

この場合、ご自身が考えている初診日を疑い、初診日となり得る過去を洗い直す必要があります。

そして、初診日を決めてから、「認定」を目指すのです。

 

元々、申請ができない。と言われていた案件を「認定」まで導くのですから、「難しい案件」です。

そんな「難しい案件」でも認定されています。

「難しい案件」ですが、しっかりと考え、手順を踏んで申請をすれば、「認定される案件」だったということです。

 

認定が無理な案件は、どうやっても認定されないものです。

認定された案件は、元々、認定される可能性があった案件なのです。

 

要は、制度を熟知し、「認定の鍵」に気付けるか?ということに尽きます。

諦める前に、相談して下さい。

あなたの「鍵」が見つかる・・・かもしれませんよ。

 

 

 

いつでも障害年金の相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・海津市・大垣市・羽島市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・土岐市・多治見市・中津川市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 

 

 

 

 

 


5月 26 2020

障害年金 発達障害 障害厚生年金2級 認定(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2020.05.26(自宅 ユリ オレンジ)

咲きましたよ。

いよいよ、ユリの季節です。

梅雨が近いというこですねぇ。そして、夏も近いということですよ。

 

 

 

「発達障害」では、3級認定が精一杯じゃない!?と言われることが多いようです。

 

しかし、実際は、「発達障害」で2級認定はされています。

(ちなみに、発達障害のみで2級認定です。)

 

発達障害は、一見すると「大抵のことが出来ているように見えます」

しかし、よ~く聴取してみると、「できていないけど、出来ているように見せている」ということが多くあります。

 

発達障害のみの方は、知能に問題があるわけではないので、物事を理解することができます。

しかし、理解するまでの過程が、少し変わっている!? 独特!? という感じです。

対人には、とても敏感で傷付きやすい傾向にあると思います。

でも、明るい人が多い気がします。

だから、他人から本人のことが解りにくくなっている。と申請代行をさせてもらっていて感じています。

 

発達障害の方は、ご自身のことをよく観察していることが多いので、聴取すれば、何かしら認定に向けてのヒントが得られることが多い。

 

今回、2級に認定された方も、周囲から見たら「大抵のことが出来ている」ようにみえます。

しかし、実際は、日常に多くの支障を抱えながら、何とか生きていこうと頑張っている方でした。

頑張って生きている方の支援ができて、本当によかったと思います。

 

 

 

 

いつでも障害年金の相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・海津市・大垣市・羽島市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・土岐市・多治見市・中津川市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい

(相談料無料ですから)


5月 24 2020

障害年金 認定される?と心配前に、申請できる?が先ですよ(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2020.05.20(知多 野原)

良い天気ですよ。

5月の天気ですねぇ。

 

 

コロナウィルスの影響で、「新生活様式」という行動の要請がでています。

「新生活様式」になっても、お金ないと生活できないことは変わりません。

大変なことです。

 

 

障害年金の申請を考えるとき、「自分は認定されるか?」を、皆さん考えますよね。

でも、その前に、「自分は申請できるだろうか?」を考えてほしいです。

 

 

障害年金に福祉的な要素はありません。

ですから、「病気がある。怪我をしている。そして、生活ができない。」だけでは「障害年金の支給は受けられません」

 

筋トレなどと違い、「努力した分だけ必ず結果が出る」という類のものではないのです。

制度ですから、申請に際しての「考え方と手順」が必要となります。

 

 

障害年金の申請は、初診日(申請の起点となる日)より前に、ご自身が納付・免除してきた年金保険料の状況次第です。

そう、最初のハードルは、ご自身が障害年金が申請できるのか?になります。

 

 

どれだけ症状が重くても、申請ができるほど年金保険料を納付・免除していなければ申請は叶いません。

つまり、その時点で、障害年金の支給は受けられない。ということになります。

 

 

認定されるか?という心配は、「申請が可能」と確認できてからです。

 

まずは、ご自身が申請ができるのか?

そして、申請ができないなら・・・初診日(申請の起点となる日)を考え直してみる必要があります。

 

考え直すには、専門性が必要となります。

今の病気と、過去の症状の因果関係を探りだす必要がありますから。

 

「申請ができない。」と諦める前に、「申請できないだろうか?」と考え直すことも必要です。

 

 

 

 

いつでも障害年金の相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・海津市・大垣市・羽島市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・土岐市・多治見市・中津川市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 


5月 21 2020

障害年金 晴れやかな気分になるには、納得する申請をするしかない!(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2020.05.20(知多半島 海)

晴れやかな海ですよ。

気分がよくなります。

 

 

 

障害年金の申請には、その後に結果が伴います。

 

時には、その結果にガッカリすることもあるでしょう。

どんなことでも同じですが、自分が望んだ結果が必ず叶うわけではないのですから。

 

望んだ結果ではなかったとき、その結果に納得できなければ、拘り続けなければなりません。

それは酷です。

 

申請は、納得がいくほど手をかけて行うことが大事です。

認定を目指し申請をすることは当たり前ですが、その結果が、どんな結果になろうとも後悔を残すことなく終えることが一番大事だと思います。

 

そのためには、障害年金の制度を熟知して、申請に臨み、後から「はじめから知っていたらなら・・・」と思わないようにしておくことも大事です。

 

 

 

いつでも障害年金の相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・海津市・大垣市・羽島市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・土岐市・多治見市・中津川市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 

 


5月 18 2020

障害年金 依頼されたら・・・まず、「申請可能か?」を確認!(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2020.05.13(サボテンの花)

この花、綺麗でしょ。

サボテンの花です。

トゲトゲしているイメージのサボテンが、こんな花を咲かせるとはイメージつかないですよね。

「意外性」というやつです。

 

 

障害年金の申請にも「意外性」はあります。

 

  • 「申請ができない」と言われ続けていた人が、「実は申請が可能だった」とか。

 

人って、色々な事情で病院にかかりますよね。

そのときの事情を改めて思いだしてもらい、「申請が可能かもしれない症状や状況」から洗い直しをするのです。

 

 

 

  • 「自分は、そもそも申請ができるのか?」と思う人もいるでしょう。

 

ご自身では、なかなか年金事務所に行けず、詳細な障害年金の話が聞けない。だから、申請できるのか?すら分らない。

確かに、「申請が可能か?」を確認するには、年金事務所に赴くしかないです。

 

ご自身が行けないなら、代理人(家族やパートナーや社労士など)に委任状を託し、調べきてもらうことが可能です。

ここで、気を付けないといけないのは、委任状と託した相手が「根気強いか?」です。

障害年金の制度は、言葉で表すほと簡易ではありません。(簡易ではないので、専門職が成り立つのですから。)

簡易ではない制度の話を根気強く請求人に説明できるほど、理解に努めることが出来るのか?が、最初の壁になります。

 

委任した相手が、「申請は無理みたい」と判断したら・・・あなたの申請は「無理」と思い込んでしまうことが起こり得ます。

 

「申請が可能か?」の判断は、あなたが いち早く支給開始される必須条件になるのです。

 

 

 

いつでも障害年金の相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・海津市・大垣市・羽島市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・土岐市・多治見市・中津川市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 

 

 


5月 14 2020

障害年金 「脳出血 更新申請」1級更新決定(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2020.04.29(紫 グラーデション)

最近、快晴が続きます。

同時に暑い日が多くなってきました。

今年の夏は、コロナウィルスの対策でマスク着用が必要になるのでしょうか?とすれば、とても暑い夏になりそうです。

体調に気を付ける要素が増えそうですね。

 

 

左半身麻痺の依頼者様の更新申請の決定がおりました。(ちなみに、言語障害も記憶障害もありません。)

障害厚生年金1級が更新されました。

 

コロナウィルスの影響で、雇用も不安定ですから、1級更新がされて喜んでおられました。

 

ご本人は、最初の申請のときは、休職中でしたが、今回の更新申請の時には就労をしていました。

 

ご本人は、「就労が更新の等級に影響するのでは?」と、心配されていましたが、体の状態を審査するのですから、就労が健常側の右半身のみで行っている就労であれば、影響はありません。

審査対象は、障害がある左半身の体の動きなのですから。

 

何はともあれ、依頼者様の期待に応えられて一安心ですよ。

 

 

 

いつでも障害年金の相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・海津市・羽島市・大垣市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・土岐市・多治見市・中津川市など

 無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)


5月 12 2020

障害年金 要点を押さえて申請しないと、「認定」は近づかないよ(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2020.05.05(犬山 丸い紫の花 アップ)

野原に咲いている真ん丸な花。

名前は知らなくても、見たら「この花いいな」と、わかるところが自然は明瞭で良い。

 

 

障害年金の申請は、見ても、読んでも、考えても解らないことが出てきて、明瞭にはできていません。

 

この申請には、認定基準という国が定めた法律を知り、審査官が何をみているのか?を考え、準備をしなければ「認定」の確率は上がりません。

 

自分の病気では、

  • 自分の症状では、何を気を付けて申立書を作成しなればならないのか?
  • 記載してくれた診断書の内容は、自分の症状と合致しているのか?

ご自身が申請をする場合でも、この2点は気を付けて欲しいです。

 

 

私が申請するなら、上記2点以外に、

  • あなたの日常生活・就労状況からみて、認定の確率を上げられる手立てはないか?
  • 申立書に書く「あなたの症状」を表す言葉の選択に間違いないか?審査官への印象はどうか?

などを 更に気を付けて申請代行をしています。

 

 

「障害年金は認定されにくい」と言われているようですが、決してそんなことはないです。

きちんと考えた申請書類を準備して、申請を行えば、結果は伴っています。

 

 

 

 

いつでも障害年金の相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・海津市・大垣市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・土岐市・多治見市・中津川市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 

 

 


5月 10 2020

障害年金 自分は認定されるのか?考えても申請しないと結果は、誰も分らないですよ。(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

2020.05.05(犬山 入鹿池)

「初夏」を感じさせる景色に出会いました。

新緑と水の風景は、清々しさを感じさせてくれて気分がよくなります。

 

 

 

障害年金の申請で、「自分くらいの症状では認定されない」「この病気では、認定されないのでは」とか色々考えてしまうでしょう。

 

ネットや本に書かれている情報だけが、まるで「この世の全て」であるかのように錯覚してしまうこともあるでしょう。

 

確かに、ネットや本に書かれていることに当て嵌まり、「認定が困難」という人もいます。

しかし、一方で、「考え方や見方変えれば認定は望めるかもしれない」という人もいます。

 

そう、ネットと本だけに書かれていることが、全てではないのです。

 

病気が同じでも、発病した時の状況や経緯は千差万別。症状も十人十色。

あなたは、ネットや本に書かれている多くの人の中のひとりですが、あなただけに注目すれば、ネットや本に書かれていることとは異なった事実が出てくることはあります。

 

認定されるかもしれない可能性は、人それぞれの人生模様が異なるように、人それぞれ変わります。

迷っても構いません。でも、迷い疲れて、意見を聞きたくなったら、相談して下さい。

もしかしたら・・・「瓢箪から駒が出る」かもしれません。可能性が見える・・・かもしれません。

 

 

 

いつでも障害年金の相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・海津市・大垣市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・土岐市・多治見市・中津川市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)

 


5月 09 2020

障害年金 思い通りの結果ばかりが出るわけじゃない。そんな時は、次の申請の仕方を考える!(障害年金申請代行範囲:愛知県・岐阜県)

 2020.05.05(モッコーバラ)   2020.05.07(名古屋市 バラ)

バラが咲き始めました ♪

バラが枯れたら・・・梅雨が近いなぁ

今が、一番過ごしやすい時期ですねぇ。

 

 

障害年金の申請の結果は、自分が思った通りの結果ばかり出るわけじゃありません。

 

  • 更新申請で2級を狙っていたのに、3級のままだった。
  • 裁定請求で認定されると思っていたのに、不支給だった。

 

「なぜだぁ??」と思う結果は出ることはあります。

 

申請を続けるならば、「何故?」を改善して、「申請をやり直すための準備に入るか?」「不服申立て(審査請求等)を行うか?」

もうこの2択です。

 

<依頼事例>

うつ病の更新申請で「3級→2級になるはず」という思い申請をしたけれど、3級のままだった。という案件。

この方は、診断書の内容は重くなっているのに「3級のまま」ということに対し、不服申立て(審査請求)を望み、依頼されました。

 

診断書の内容は、日常生活能力としては2級相当あるのですが、唯一気になるのが、「A型作業所で週4日就労出来ていること」。

3級のまま据え置きの判定が下ったのは、この就労能力の部分のみだと思えました。

 

本来、作業所ならば、管理されたもとでしか作業ができない。というわけですから、一般就労と同じ見方されても・・・と思います。

 

3級→2級に昇級させることは、最初から2級に認定されるよりハードルが高い。と感じています。

とは言え、診断書の内容は、2級相当を示していますし、不服は出て当たり前な結果だと思えます。

 

さぁ、これから不服申立て(審査請求)ですよ。

頑張らねば!

 

 

 

いつでも障害年金の相談を受けております。

 

名古屋市をはじめとする愛知県全域、

岐阜市・海津市・大垣市・各務原市・関市・美濃加茂市・可児市・土岐市・多治見市・中津川市など

無料出張面談・相談をしております。

 

まずは、気軽に電話・メールでご相談下さい。

(相談料無料ですから)


次のページ »

このページの先頭へ戻る

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Menu Open